ジャグラーは憎い?借金・依存症・そして・・・

Pocket

今回の記事はスロット記事になりますが、

借金をしていた話し&心境等も軽く触れているので、

もし、現在借金やらギャンブル依存症な方がいれば、

少しでも読んで参考にして頂ければとも思います。

スロットをやる方ならば1度は触ったことがあるだろう機種。

それはいつの時代も老若男女に支持されてきた機種。

そう、ジャグラーである。

ちなみに私はジャグラーが好きであり、嫌いでもある。

というか、はっきりいえば憎悪すらある。

理由は簡単。

4号機時代にジャグラーで大負けしてきたからだ。

5号機初期になってアイムジャグラーが出てからも、

当時は負け続けた。

もう精神崩壊するところまで追い込まれたのだ。

勿論、全ては自己責任である。

4号機ジャグで相当負けたが、

5号機になってからのアイムでも相当負けた。

当時の俺はサラ金に借金が数百万あった。

※当時のサラ金カードが数枚あるので、証拠変わりに画像を貼っとく。

※現在使えないカードであるが記念に保有している(画像の4社以外にも数社サラ金に借金していた)

だが、まともな正社員になるわけでもなく、

日々、安い日払い派遣をしていたので、常に金に困っていた。

「なんとか借金を返済したい!」

そう思って、日払いで稼いだ金を返済必須のサラ金だけに返済して、

一部のサラ金には返済しないで、

出来る限りの金をスロットで稼ぐ為の軍資金に充てていた。

ちなみに返済必須のサラ金というのは、

連帯保証人がついているサラ金会社等のこと。

スロットで稼ぐ為の軍資金といっても10万も貯まることなない。

1~2か月かけて3万~5万円ぐらいの軍資金を貯めて、

それを手に握りしめては上野のパチンコ店に向かい、

なんとか1万円でも勝とうと思い、ジャグラーを打っていた。

当時の心境はこうである。

「頼む!神様!なんとか勝たせて下さい!」

「頼む、光って連チャンしてくれ!!」

「何故、いつも俺だけ勝てないんだ!?クソ!」

借金があり、なけなしの金(本来は使えない金)で

スロットを打っているので、正に必死であったのだ。

当然、神頼みしていても勝てるわけがなかった。

ただ、俺も適当に座って打っていたわけではない。

期待値という言葉は知らなかったが、

設定の概念は当然知っていたので、

少しでも高設定であろうジャグを探して打ち続けた。

俺は上野駅に近い4店舗を選び、

その4店舗を中心に探し続けた。

少しでも高設定であろうジャグを・・・。

そして、推定高設定であろうアイムジャグを見つる。

そして、数時間後には財布の中身が帰りの電車賃だけとなって、

せっかく貯めた軍資金を華麗に溶かし終え、

呆然としたアホが店から出てくるのである。

これが毎回のパターンであった。

昔(大花火やコンチ4Xの時代)は確かにギャンブル依存症だった。

だが、この時は正直打つのも嫌になっていたので、

少しギャンブル依存症とは違っていたと思う。

日払いの派遣だと借金返済は難しく、

また完済までかなりの時間がかかる。

だが、スロットで稼げれば早期的な借金完済も夢ではない。

また、スロで借金完済漫画(某旅打ち漫画)を見て、

勇気を頂いていたこともあった。

このように打つ背景があったのだ。

世間的には辛い道(真面目に働いて返済)を避けて、

楽な道(スロットで稼ぐ)を進んでいた。

ただ、実際は楽な道とはいえないと俺は思う。

とにかく借金返済の為に打っていたので、

完全に勝ちを意識してジャグを打っていた。

打ちたいという思いよりも、金が欲しいという思いから。

正直、打ちたくないが、

金が必要だからジャグを打つ。

で、当然負ける。

これが面白いほどに負け続ける。

当時、ジャグラーの下パネルのピエロの笑顔が、

俺をバカにしているような悪魔の笑顔にしか見えなかった。

そして、ずっと負けが込んだある日、

俺は精神的限界を迎える。

「もう、ダメだ。スロットで勝つことは俺には出来ない」

そう本気で思い、心の底からスロットが嫌になり、ジャグを憎み、

俺はスロットを辞めた。

その頃の辛い思いがあるから、

ジャグラーは今でも嫌いという思いが残っているのである。

ただ、高設定は面白いとも本気で思うから、

嫌いだけど、好きなのである。

そして、憎悪もあるのである。

一度は辞めたスロット。

辞めてから数年経過した。

だが、2013年6月から再び俺はスロットを再開した。

再び借金完済に向けて・・・

そして、現在も俺はスロットを打っている。

スロット以外でも、一応は事業主で収入がある。

また今現在は、サラ金に借金はない。

スロットで稼いだ金で返済していき、

最終的に過払い金等の関係で弁護士も雇い、

そして借金は完済した。

この借金作成から完済の話しは後々語りたいと思っている。

そして大事なことがある。

過去、あれほどジャグで負けていた俺は、

今現在は年間でジャグラーシリーズで負けることはなくなり、

ジャグラーシリーズの年間収支はプラスである。

それは期待値という概念を知り、

各店の設定状況をデータとして取り続けることで、

神頼みやオカルト等を一切排除して、

しっかりとした理論を持ち、

打てる根拠を持って、

高設定のジャグを打つようになったからだ。

ただ、それでもジャグラーは難しい。

高設定の自信があっても実は低設定で負けたり、

狙いのマイジャグがとんでもない酷い確率で捨てたら、

夜には5000枚オーバーの設定56濃厚台に化けたり、

アイムの推定5濃厚(7000GでREG40回越え&周りの状況&根拠から)で4万以上負けたなんてこともある。

しかし、年間では負けないし勝てる機種の1つでもある。

ただ、それでもあのピエロは強敵であることは間違いない。

そう今でも思う。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

4 件のコメント

  • ジャグラーは天井無しの恐ろしい機種です
    20万出して儲けた事があるスロットはジャグラーと機種名を忘れた2台だけです
    現在はパチスロパチンコ共に引退してやってません

    • 匿名希望さん、コメントありがとうございます。
      そうですね、ジャグは天井なしで恐ろしいですよね。
      確か4号機GOジャグVで過去最高2400嵌りを見たことあります。
      私の友人も以前は相当なスロ好き連中でしたが、
      今は9割が引退してますよ。

  • 結局あんた依存症のままじゃん。
    嫌々だろうと稼げてようと、パチスロから離れられないんじゃ依存してると
    言わざる負えない。

    自分の親がこんなんだったらと思うとゾッとする。
    絶対に尊敬できないし軽蔑する。
    子供が可哀想だから絶対に子作りしないで欲しい。

    • 匿名さん、コメントありがとうございます。
      確かにパチスロから離れられていないならば依存症のままと言われても仕方ないかもしれません。
      ただ、今現在は過去の自分とは違ってパチスロに対して好きという感情はないし、負けてまで続ける気も毛頭ないんです。
      なので、稼ぐという目的以外でパチスロを打つことはありませんし(友達との年数回の付き合いは除く)、正直打ちたくないですし、早く引退したい想いが常にありますし、パチンコ屋に2~3週間行かなくても、昔のようにパチ屋に行きたい!打ちたい!という気には全くなりません。
      分かりにくい返答で申し訳ないですが、自分の中では依存症から抜け出しているのは本当です。
      ま、理由がどうであれ匿名さんの仰る通りに、私は他人から見て絶対に尊敬できないし、軽蔑するという言葉は間違っていないです。
      そこは認めざるを得ません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。