「バジリスク桜花忍法帖」バジリスク最新作の内容とは??今後のバジシリーズのスロット機はバジリスク桜花忍法帖!?

Pocket

2018年1月より放送開始された、バジリスク甲賀忍法帖の10年後を描いた新作「バジリスク桜花忍法帖」


© 山田風太郎・せがわまさき・山田正紀・講談社/桜花忍法帖製作委員会

スロット「バジリスク絆」が人気台としてヒットしたのは言うまでもないが、その後に出たバジリスク3は残念ながら不人気台で終わった。その後は、バジリスクシリーズはスロット台としては出ていない。

だが、ここにきてアニメで「バジリスク桜花忍法帖」が放送開始した。更にこのアニメ作品にはユニバーサルエンターテインメントが制作に関わっている。

ということは、ユニバーサルエンターテインメントはいずれ新台バジリスク桜花忍法帖という台を制作、販売する可能性が高いといえる。

今後のスロット台としての救世主となる可能性があるかは不明だが、今回はバジリスク桜花忍法帖という作品について簡単に語ろう。

—-スポンサーリンク—–



バジリスク桜花忍法帖とは??

 

バジリスク甲賀忍法帖から10年後、それがバジリスク桜花忍法帖の舞台である。

そして、本作の主人公は甲賀八郎。ヒロインは伊賀響(ひびき)である。
また、当然だが瞳術も使える存在である。

ちなみに甲賀八郎はご存じ絆の主人公である、甲賀弦之介と朧の実子である。というか、あの二人に実は子供がいたんかい!?

それが驚いたわ!

ま、そういうわけで甲賀八郎が瞳術を使えることにも納得がいく。そして、伊賀響に関しても弦之介と朧の実子となる。

つまりは、甲賀八郎と伊賀響は血の繋がった兄弟となる。

ただ、この兄弟は実の兄弟でありながらも、契りを結ぶ宿命を背負わされているわけであり、正にそれが宿命というわけですね。
原作を読んでいないので詳細は知りませんが、今後やはりバッドエンド的な感じがムンムンと臭ってくる感じですね。

ちなみに、薬師寺天膳の名も出てきます。

個人的に気になったのは、アニメ冒頭で出てくるシーン。
1582年の本能寺の変において、織田信長が本能寺において自ら死を選択するシーンで何者かが織田信長の助けるようなシーンがあるので、今後この織田信長が絡んでくるのかが楽しみですね。

音楽に関しても、やはりバジリスクらしく陰陽座がOPを歌っており、またEDに関しては前作の朧役の声である水樹奈々が歌っていますので、いかにもバジリスクという感じです。

OP「陰陽座「桜花忍法帖」」

ED「水樹奈々「HOT BLOOD」「粋恋」」

見た感じでは面白そうな作品なので、興味ある方は今後見てみてはいかがでしょうか??

最後にヒロインの伊賀響を筆頭に好きな声優陣が多く出ているので、一部ご紹介しましょう。

伊賀響 「水瀬いのり」

七斗鯨飲 「チョー」

根来転寝 「三木眞一郎」

蓮    「早見沙織」

現    「佐倉綾音」

滑婆   「名塚佳織」

ヤバい!!
ヒロインの伊賀響が水瀬いのり氏とは・・・素晴らしい!!
また、佐倉綾音氏が出ているのも素晴らしいです。

いつかスロット最新台として「バジリスク桜花忍法帖」がデビューするのでしょうね。

最後の最後に公式サイトを以下にリンクしておきますので、興味ある方はリンクから飛んで下さい。

バジリスク桜花忍法帖 公式サイト様

では、今回はこれで!
最後まで読んでくれた方に感謝です&退出時には以下の応援ポチを押してくださいね!

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。