ファンキージャグラー高設定ツモに至る経緯と結果 店の設定投入の特徴 「投資1000円からの奇跡となるか??」 

Pocket

今月初旬のこと。

この日は、朝から設定に期待できる店に突撃することにした管理人ユウ。

旧イベとBBオフ会が重なったこの日ならばと、普段はハイエナ専門の私も朝イチから設定狙いをしにいったわけである。

抽選人数はおよそ約250人強という中で、引いた番号は160番だったであろうか??

あまり記憶はないが、とりあえず本命機種達にはいけない番号だったのは確かであった。せっかくのBBオフ会なのにと落胆しながらも、この番号でなんとか正解に辿り着くしかないと気持ちを入れ替えて開店を待った。

そして、開店。

狙うは・・・・

—-スポンサーリンク—–





©KITAC 北電子

そう、ファンキージャグラーである。

では、どのような経緯があってこのファンキージャグラーを狙ったかについての経緯を説明したいと思う。

ファンキージャグラーを狙う経緯とは??

 

実はこの店においてジャグラーを狙う際、マイジャグやアイム、スーパーミラクルは期待できない店なのである。アイムに関してはたまには推定5を投入するが稀、マイジャグ3にはそこそこ5を投入するのだが6は稀であり台数のわりには台読みが少々難しいという難点がある。スーパーミラクルに至っては投入頻度の稀からも狙うのが論外といえる難しさ。

ということで、狙う価値のあるジャグラーはファンキーとゴーゴージャグラーの2機種に絞られる。

だが、せっかくのBBオフ会だ。

本来ならば、ファンキージャグラーよりも別機種を攻めたいところである。そう、仮にこの日に抽選番号が良ければ以下の狙い台が私にはあった。

◎大本命機種◎

初代まどか☆マギカの末尾と角以外で候補2台。

◎本命機種◎

北斗の拳 転生の角2

◎本命機種◎

化物語の角3

△穴狙い△

某ART機種の末尾台

とまぁ、こんな感じである。

しかしながら、穴はともかくとして抽選番号から大本命や本命機種にはまず行けないだろうことは既に読めていたので開店した後に直行した機種がファンキージャグラーだったということである。

何故、ファンキージャグラーを選択したかは抽選番号の悪さと上記でお伝えしたこの店のジャグラーの狙い目からきている。では、何故ファンキージャグラーとゴーゴージャグラーの二択でファンキーを選択したのかについては簡単な理由がある。

それは、ファンキーの方がずっとゴーゴージャグラーよりも高設定投入率が高いからである。

また、個人的な理由としてはゴーゴージャグラーは確率が軽いのでとても設定狙いとしては難しいという点もある。そんなわけでファンキージャグラー1択と相成ったわけである。

そして開店、いざ戦闘開始である

 

開店と同時に人でごった返す状態であった中、私は大本命や本命機種を横目にしながらこの悪い抽選番号で自分が唯一狙えるであろうファンキージャグラーの島へと急いだ。

すると・・・・

ファンキーの島には50代ぐらいの淑女が御一人様という状態であり、台は選び放題という状況であった。

当然ながらこのファンキーにおいても狙い台はあったので、私は角2の台を余裕でGETすることに成功した。その後は他機種の埋まり具合を確認すべく、店内状況を確認する。

すると、当然ながらも大本命機種や本命機種、更には穴機種さえも既に埋まっている状態であり、空いている機種といえばアイム系、ゴーゴージャグラー、スーパーミラクル、バラエティーのみという状況であった。

ジャグラーに関してはやはり予想通りというべきか、ジャグラーの中ではマイジャグ3が全台埋まっている状況であった。

これはこの店の傾向ではあるのだが、こういう強いイベント系の時には実はマイジャグに高設定を投入してこない傾向が強い。だが、BBオフ会ともなればやはり割の高いマイジャグを狙う者は多い。特に主要機種のAT機、ART機に座れなかった者達の多くは大体がマイジャグかハナハナに行くだろう。

恐らくは店側もそのような事は容易く予想できるので、こういう強い日程マイジャグを甘くしないのである。

そして、この法則はマイジャグだけではなくて主要機種のあの機種にも通用するのである。

その機種とは・・・・



そう、バジリスク絆である。

このような強イベの日にはまず絆から埋まるだが、この店で設定狙いをするのならばこの機種だけには行くことは高確率で6をツモれる可能性は低い。偶数2で誤魔化されるか、1で爆死するかのどちらかであろう。勿論、全台スカではない。ただ、狙う価値はないといえる状況なのである。
そして、特別熱くもないようなただの旧イベの日や月末や月始め、新装前日、強イベの前日、週末&旧イベ日に6を使ったりするのである。

但し、何故か強イベでも主要機種である、まどか★マギカは昔から強めな配分になりやすい傾向がある。

とまぁ、ザっとではあるのだがこの店に関する私なりが持っている情報は以上の通りである。

ということで、ここまででこの店の特徴とファンキージャグラーを狙った経緯を説明させて頂いたのだが、ハイエナ専門の私でさえもこの程度の情報ぐらいは1人(というか、専業仲間は誰1人いない)でも把握できる。ま、当日の情報戦等は流石に軍団には敵わないのだが、このような店には強イベ以外で軍団が襲来することはまずないし、このようなBBオフ会に襲来してくる軍団が主要機種が取れなくてジャグ狙いに切り替えても高確率でマイジャグに行くので、ファンキーやゴーゴージャグラーというジャグの本命には朝から中々辿り着けないのである(後ヅモは別)

ということで、いざ実践開始である。

ファンキージャグラー実践と結果

 

実は稼働内容自体はかなり薄い内容である。その為、他の部分で記事の長さを調節したといっても過言ではないので、今回の稼働内容自体はサクッと終わるのだが、ご理解頂きたい。

店内状況を確認してから押さえたファンキーの角2に戻ると、既にファンキーは満席であった。

だが、客層は50代淑女とその旦那様、普通のおじ様という構成であり専業は皆無であった。また、ジャグの対抗であるゴーゴージャグラーにおいても満席ではあったのだが専業は0人という状況であった。

そして稼働開始である。

初ペカは投資1000円、僅か6Gでのペカとなった。

これは先行き良いスタートではあったのだが、チェリー重複のREG。

だが、直ぐに出玉は崩壊してしまう。
その為、投資1000円からの大爆発7000枚という私の欲望は消えたのであった。

その後は追加投資をしてから、224Gで再びチェリー重複のREG.

この時点で、他のファンキー達はBIGを引いていた。

そろそろ自分のファンキーにもBIGという当たりが欲しいと思っていると・・・

49Gで単独ペカ。

が、ここもREG。

お次は、115Gで更に単独ペカ。

が、これもREGというオチ。

開始早々にREGを4連続というREG先行が嬉しいような、悲しいような・・・

お次は108Gで単独ペカ。

これは嬉しい本日初のBIG!!

少々早いが、この時点でファンキーは恐らくは正解だろうと予想していた。というのも、左隣以外は全台調子良さげにボーナスを引いていたし、右に至っては序盤から好スタートを切っていたからである。

その後、自分の台も軽めの当たりを繰り返していく・・・

7G 単独REG

66 単独BIG

74G チェリー重複REG

102G 単独BIG

107G 単独REG

393G 単独BIG

160G 単独BIG

88G 単独BIG

220G 単独BIG

91G 単独REG

249G チェリー重複BIG

12G 単独REG

188G 単独BIG

89G 単独REG

20G 単独BIG

そして、現在58G。

この時点での総回転数は2426Gで以下のデータである。

BIG 10回(1/242)

REG 10回(1/242)

合算1/121

その後も当たりは軽く、また他のファンキー達も調子良い。ただ、左隣だけはボーナスが重い状態で追加投資をする島イチのファンキーを打つ淑女の旦那様。途中、奥様である淑女から出玉共有をしながら打ち続けていた。

その後・・・

73G 単独BIG

113G 単独REG

10G 単独BIG

45G チェリー重複BIG

133G チェリー重複REG

226G チェリー重複BIG

45G 単独BIG

101G チェリー重複REG

164G 単独BIG

134G 単独REG

31G 単独REG

19G 単独REG

104G チェリー重複BIG

17G 単独REG

37G 単独REG

173 単独BIG

15G 単独REG

376G チェリー重複BIG

232G 単独BIG

255G 単独BIG

343G 単独REG

404G チェリー重複REG

と、ここで本日最高のハマりの洗礼を受けることになる。

中々、当たらない・・・

というか、BIG間では既に1000Gハマりを越えて・・・

やっとこさペカったのは・・・

丁度、600G!!

で、これがチェリー重複BIGで一安心。

BIG間で言うと、なんと・・・・

 

 

1347Gハマりという大ダメージを受ける!!!


©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

「この、性悪ピエロがぁッ―――!!」

そして、この後は先程のハマりが嘘のように、そして八百長のように何故か4号機ストック機のように貯まったストックを放出する謎のジャグ連!!

53G チェリー重複BIG

6G 単独REG

75G 単独REG

この台はストック機ですか!?

153G 単独BIG

17G 単独BIG

289G 単独BIG

ということで、この時点では唯一悪かった左隣もそこそこ立ち直していたが、既に日は落ちて闇の夜であり、朝からファンキーに座っていた他の一般のお客様は皆お帰りという状況の中、残っていたのは私一人だけであった。

当然だが、空き台になったファンキーは一般のお客様から専業や専業ではないにしろ高設定を意識した打ち手に入れ替わっていた。

で、改めて島合算の数字を見て見ると、島合算は5の近似値になり、どうやら全6は厳しい数字に。

勿論、僅か2万Gぐらいではまだ分からないが少なくとも全6は厳しい気がする。

最低でも全5以上は濃厚だろうが、もしかしたら4も混じっているやもしれないと不安が私を襲う。

だが、過去の傾向を考慮すればほぼ5以上濃厚だという自信もある。

が、そこはファンキージャグラー。

所詮は設定5でも、機械割は105、82%(チェリー狙い時)しかないのである。仮にこれが4ならば僅か103,36%しかない。

そして、時間は既に日が闇に落ちた夜7時は過ぎ。

4の可能性も考慮するが、やはり5濃厚じゃないのか??
いや、下手すればこの台は4か??

という悩みが生まれる。

根拠から推定5という自信もあるが、同時に途中から全6じゃないという自信もあった。

そんな中で、推定だがあって上は5(というか、5の自信度が高い)という中で、もしかしたら4かもしれないという不安もあるのならば、そして6の可能性が低い状況ならば、私は例えこの台が推定5でも捨てる判断をした。

BIG 25(1/273)
REG 24(1/285)
合算(1/139)

総G 6841G

投資8000円
回収1145枚

差枚では、プラス769枚。

そしてこの後、ファンキーがどうなったか??

以下が閉店時の全台データである。

A番台 BB29:RB22(1/358)1/154
B番台 BB29:RB30(1/260)1/132(実践台)
C番台 BB31:RB33(1/244)1/126
D番台 BB29:RB24(1/285)1/129

全台合計 3万631G

総BIG回数 118回(1/259)
総REG回数 109回(1/281)
合算    227回(1/134)

数字だけならば設定5以上だが、全6には届かない数字。ま、たかが3万Gなのでまだ分からないのだが、店の特徴から全6だけはないだろう。また、この店では1台ハズレがある場合が多いので、もしかしたらA番台だけハズレの可能性もある。その際には、6の近似値になるのだが、それでも残りの全3台がオール6という可能性はないといえる自信がある。

打ち手にはあくまでも真実は分からない中でも、私なりには推定5のファンキーを夜7時頃まで打っていたと思う。

期待値に換算すると、この日に得た期待値は約1180枚(23600円分相当)というところ。

収支的にも期待値的にもプラスはプラスなのだが、高い稼働ではなかったし、実は対抗店の方が遥に強かったのである。そして、その店ならばバジリスク絆の一択という予想が利く店だっただけに抽選さえ突破出来れば高期待値を積めていたであろう。

だが、抽選番号悪い中で狙いの本命機種は無理でも、安くてもそれなりに自信のあったファンキーを保険で狙ったこと、そして結果的には推定5を打てたこと自体は悪くなかったと思いたい。

では、最後に当初予想した本命達の狙いはどうだったのか??

大本命機種の初代まどか☆マギカの狙い台は→→ハズレでスカッ!! ただし、正解台は存在。

本命機種の北斗の拳 転生の狙い台は→→万枚突破のほぼ高設定データに!! というか、転生は全台6濃厚

本命の化物語の狙い台は→→右上がりの5000枚オーバーで正解!!

穴狙いの某ART機の末尾は→→総G数7639Gで差枚+約4500枚で推定当たりだろうが設定は分からない。

という結果となったわけであり、もしも抽選番号が良すぎればまどか☆マギカの狙い台で大負け、そこそこの番号ならば転生か化物語で見事に6をツモれた可能性が高く、今回抽選悪かったので穴場島のファンキー推定5という結果となったのである。

かなり長い記事になってしまったのだが、今回はこれで以上となります。
ここまで読んでくれた貴方様に感謝を・・・!!

最後に記事が良かった方は↓の応援バナーを1ポチして下さいね!!

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。