グレートキングハナハナを打った結果、その後の選択を間違い酷い仕打ちを受けた1日(前編)


今月初旬の出来事である。

この日はとても爽やかな日差しが差し込む朝。

まるで私がこれから設定狙いをしに行くのを天が祝福してくれるかのように・・・

だが、現実は甘くはなく、世界は自分の為に周っていなかったのだと痛くも痛感した、いやさえられたと言った方がいいのか??

これは、そんなごくごく普通のとある日の1日のことである。

—-スポンサーリンク—–



狙うはグレートキングハナハナ??

とある雑誌系イベントの日、私は某店での抽選を既に終えて車内へと戻ってきていた。

抽選人数的には恐らくは300人超はいたであろうか??

この時、私が引いた抽選番号は約70番ぐらい。

なんとも微妙な番号だが、決して悪くはない番号でもある。

全台系機種が2機種以上はあろうと予想出来る上に、全体的に店側がかなり強くするであろうと思える強イベントだけに、朝の機種選びは本日の1日を決めてしまうであろう大切な決断といえる。

だが、この某店に関しては会員カードは所持しているものの、1~2回来たことがある程度の店だけに、何が強くなるのかが正直分からない。

それでも前回来た時には、やはりバジリスク絆が強い印象を受けたし、目立つ位置に配置されている。それ以外だと何が強くて、何が弱いのかがあまり分からない。

つまり、店情報が圧倒的に足りないということである。

仮に良い番号を引ければ私は以下の2機種を攻めようと思っていた。

候補(1)まどか☆マギカ2で特に指定なし

候補(2)バジリスク絆の角以外

候補(3)グレートキングハナハナ

候補(1)に関しては恐らくはこのまどか☆マギカ2が全台系濃厚だろうと、とあるライターのTwitterから把握できていた。だが、それだけに競争率は激しいだろうし、抽選番号70番ぐらい程度で取れるとは思っていなかった。

それならば、第二候補のバジリスク絆と思っていたが、こちらも番号的にはキツイだろう。

ということで、恐らくは候補(3)のグレートキングハナハナになると開店前に予想は出来た。

そして、いざ開店!!

開店後、店内に突入すると予想通りに第一候補のまどか☆マギカ2は全台埋まっている状態、更にはバジリスク絆も全台埋まっている状態、ということで予想通りに上記2機種は座れず。

そうなれば・・・

第三候補である、グレートキングハナハナに行くことに。

すると、まだ誰も座っていなくて台は選び放題。

目立つ位置の角を選択した私は台確保券で抑えてから、周りの状況を確認しにいく。

すると、番長3にはまだ空席があったのだが、流石にこの台数を全台系にすることはないだろうし、かといってピンポイントで狙える台読みなんんてこの経験不足の店では到底無理なのでスルーさせて頂いた。

その後は一気に多くの方が流れてきて、番長3も満席に。また、ハーデスや凱旋、ハナビやバーサスも満席という状況であり、空席なのはジャグラーとバラエティーぐらいという状況であった。

だが、実はもう1つ空席が目立つ機種があった。

それは・・・

ハナハナシリーズである。

この店はグレートキングハナハナと鳳凰で合計20台ぐらい設置されているのだが、半分も埋まっていない状況であり島は閑散としている状況であった。更には専業と思われる者は皆無という状況が更に不安に拍車をかける。

「ヤバい!! 機種選択を完全に間違えたのか??」

だが、今更移動するにしてもジャグラーシリーズにポツリポツリ空き台がある程度であり、後はバラエティーしかない。

それならばと、移動はせずにこの台を打つことに決めて稼働開始である。

打ち始めるとリールは左側がかなり分かりやすくガックンしたというのと、他の台も同じくガックンしたのを確認したので変更は濃厚だろう。ちょっとだけ一安心してから、恐る恐る回し始めると投資4Kからハイビスカスがチカリ!!


(画像は拾いものです)

そこから追加投資なく、当たり続けるハナハナ。

途中、REG中のサイドランプ赤を2連続で引いたものの、肝心のBIG中スイカが全然落ちないことに嫌な不安が膨らんでいく。

その不安のせいか私は何度も何度も途中離席して、各島の状況を探っていた。

すると、やはりというべきか、第一候補のまどか☆マギカ2の挙動が全体的に良い感じである。

他機種においても、良さげ台が見え始めてきており、番長3の角台と末尾〇番が全て強いように見えた。

また、何よりも「これはあるだろう!!」と思われる機種がまだ早い時間にも関わらずややお祭り状態であった。

その機種は、アナザーゴッドハーデスである。

別積み多数という状況であった。

その後、ジャグラーの島も見るが若干の違和感を覚える。

それは、角台が妙に強いことと、末尾〇番台も悪くないということである。また、ハナビの角もカチカチ君を使ってずっと判別して粘っている様子が見えた。

「もしかして、角台と末尾〇番台は当たり??」

と、楽観的な思考が浮かぶが、この法則は全台にはあてはまってはおらず、また店経験不足からも自信を持つことが出来ずにいた。

実は私が打っているハナハナは角台&末尾〇番台だったので、仮に角台と末尾〇番台が優遇されているのならば、その両方を持っている私の台は確実に正解なのじゃないのか?? と、少しだけ希望が見え始めたのであった。

意気揚々として、ハナハナの島に戻ると、そこには驚愕の光景がッ!?


(画像はあくまでもイメージです)

なんと、どの島も盛況だというのに対して私が打っているハナハナの島は閑散としているのである(実は開店時から)

そして、グレートキングハナハナに限ってはいつの間にか唯一いたお客様もお帰りになられてグレートキングハナハナを打っているのは私1人だけという寂しい状況。

先程まで「角&末尾〇番台のこの打っている台は正解かも?」と微かな希望を持てたというのに、これではその微かな希望ももはや絶望に変わってしまう状態である。

更に追い打ちをかけるように、他のグレートキングハナハナの少ない稼働状況でも明らかに確率は悪く、鳳凰の島の確率も良くはなかったのである。

また、この段階の私の台も飲まれはしないものの微妙な数字でしかなかった。

だが、しかし!!

幾度もホール巡回してやっと見つけた1つの光明である、角台と末尾〇番台が優遇されているかもしれないという事実、そしてその両方を合わせ持つこの自身のハナハナ。

もはやハナハナが全台系ではないにしろ、まだ打つ価値があると続行をしたのである。

見慣れた専業も幾人かいたので、その専業達から見れば閑散として専業皆無のお寒いハナハナの島で設定狙いをしている私はもしかしたら心の中で、「アイツ、なんでハナハナなんて打ってるの(大笑)」とバカにされていたのかもしれない。

だが、そんなことは関係ない!!

まだ打つ価値がある!!

・・・・はず。

そう思いながら回し続けた。

そして、時は流れ・・・

私は手を止めて、熟考した。

果たして、この人のいないような島(この時、グレートキングハナハナの島で打っているのは私ともう1人だけ)で、更に朝の段階でも誰も専業が寄り付かないようなハナハナに高設定なんて投入されているのであろうか??

しかし、ホール状況を見る限りは相変わらずに角台、末尾〇番台は全台ではないにしろ、それなりの台数が強い状況になっている。極めつけは専業かは知らないが、カチカチ君を使い角のバーサスを打っていた人がかなり悪い確率&負けているにも関わらずに止めようとしていないということだ。

だが、果たしてこの人がどの程度の打ち手なのかが分からない以上、好きでカチカチ君を使っているだけの方かもしれないという不安は拭いきれない。

さて、ここまでの私のデータは以下である。

BIG9(1/261)
REG7(1/336)
合算1/147

総2357G

ベル確率=そんなもん数えてない!

BIG中スイカ確率1/72(酷い数字)

REG中サイドランプ
青色=2
黄色=2
緑色=1
赤色=2

現在、持ちメダル遊戯中である。

この程度の思考ではまだまだ分からないが、ボーナス確率だけは悪くない。ただ、強いともいえない。更にビッグ中のスイカ確率がかなり絶望的という点。

果たして、このままこの台を打つべきなのか?? はたまた捨てるべきなのだろうか??

この2択次第で本日の命運が掛かっているとは、この時の私はまだ知る由もなかったのである。

ここまで読んで頂きありがとうございます。少しでも楽しんで頂けたのであれば以下の応援バナーを1ポチして下さいね!


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ユウ

初めまして、当ブログ管理人のユウと申します。 過去スロットで数百万円の借金を抱えたことのある元スロット破滅者ですが、その後スロットで借金を完済、現在は事業とスロ専に近い兼業で人生再生中です。 このブログでは過去の破滅的体験を活かした記事やスロ稼働記事を公開中です。