元パチンカスで、現エナ専37歳素人童貞の私がクリエイターになりたいのは世界が滅ぶぐらいのジョークですよね?


突然だが、私は元パチンカスであり、現在進行形でエナ専である。

更に言えば、中年オヤジの37歳&素人童貞という救いようがないカスである。

そんな私、実はクリエイターな仕事をしたいと思っている。

—-スポンサーリンク—–




クリエイターとは??

クリエイターまたはクリエーターは、
Creator 創作家、制作者。 作家、著作家、芸術家など。
作詞家、作曲家、編曲家などの楽曲制作者。
テレビドラマやシチュエーション・コメディなどの企画原案者。
小説家。
漫画家。
ゲームクリエイター。
YouTubeクリエイター(YouTuber、ユーチューバーなどとも言う。)
引用元:wikipedia様より一部引用


「キミに才能はあるのかい??」

と、問われれば・・・


©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

「才能はない!! が、それでもやってみたい!! いや、人気作品を作れる自信がある!!」

と、何の根拠もなく私は即答するであろう。

37歳という年齢でまとまもな社会生活もしていない、日々堕落した生活をしている人間が軽々しく口にしてはいけないのかもしれないが、それでも私はクリエイターとして最高の作品を作っていきたいと思っている。

具体的には、まずは人気になるラノベ小説を執筆、そこから書籍化、そして夢のアニメ化である。また、可能ならば少年誌においての原作担当(絵は描けないし、今からその技術を学ぶ時間もないだろうから)もしたいと思っている。

人からみたら、いや、自分自身から見ても、何の実績も実力も才能も語学力等もない37歳がこんなことを言うのは正に狂気の沙汰だと思う。

後、自分自身がどの程度生きていけるのかは知らないし、分かるはずもない。

だが、37歳ということを考慮すれば少なくとも五体満足な状態で日々を過ごす時間はあっても20年もないぐらいかと思っている。

普段からの食生活、生活習慣を考慮すれば正直10年以内に病気か何かになるかもしれない。

なんとなくだが、この歳になるともう残り時間が後どれくらいあるのか?

不安になるのである。

焦りは確実にある。

だから、今こうしてパチスロを適当に打って怠惰に過ごしていること、小銭を稼ぐ為に大切な人生の時間を費やしていることが、凄く勿体ないと感じている。

例えば、これが本気でスロット稼働に取り込んでいるのならば話しはまた別なのかもしれない。本気で取り組んでいるならば、それは何かしらの目標があってやってるのかもしれないし、目標なくても全力で頑張っているのならば何か得るものもあるかもしれないし、この先に役立つ糧になるかもしれないからだ。

だが、今の私のように適当にそれも怠慢な気持ちでスロットを打って適当に稼働しているだけでは、結果的に稼ぐ金も少ないし、何よりもドンドンと堕落していっているような気にしかならない。

かといって、その分、他の作業に力を注いで頑張っているかと問われれば、それもないのが現実である。

つまり、結局は口だけで何もやっていないのが現状なのである。

クリエイターになりたいと今更ながらに夢を抱いても、その夢への挑戦の行動すら満足に出来ていない現実。

何もかもから逃げている現実。

何もかもから目を背けている現実。

何もやる気になれなれい本当の現実。

それが分かっていながらも、行動できない・・・正にクズである。

これで、本当に私はクリエイターに本気でなりたいと思っているのだろうか??

本気ならばその行動をしているのじゃないのか??

もっと努力をしているのじゃないのか??

常に自問自答の日々である。

クソ記事を書いてしまいました。でも、この記事を見たあなた様が、こんな反面教師もいるということを知ってもられれば、もしかしたらいつか何かしらの役に立つ可能性が1%ぐらいあるかもしれません。

もし、そうならば書いた意味があったといえるかもしれませんね。

では、この辺で。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。