5流ブロガーが、スロット稼働記事を書く意味なんて果たしてあるのだろうか??


ふと、そう思った。

スロットブログ村の上位にいる方達の多くは、スロット稼働記事を公開している。

だが、なんとなく疑問に思うことがある。

それを今回はほざいていこうかと思う。

—-スポンサーリンク—–



スロット稼働記事を書く気がなくなる時がある

当ブログのような弱小ブログにおいても、稼働記事を書けばやはり別ネタを書くよりもアクセスを頂ける。

また、検索からも「ミリオンゴッド凱旋」等のキーワードからそこそこの流入がある。

また、上位ブロガーの方達のブログを拝見させて頂くと、やはりスロット稼働記事が多い。ま、それはジャンルがスロットだから当然といえば当然である。

私としてはブログ記事は財産だと考えている。

そう考えた時に、今はいいかもしれないが、果たしてスロット稼働記事を書く意味はあるのだろうか??

と、思うのである。

例えば、今更にミリオンゴッドゼウスバージョンや初代リンかけの昔の機種の稼働記事を書いても誰も検索から流れてこない気がするし、そもそもホールに既にない機種の稼働記事等、誰が好んでみるというのか??

今、ホールに置かれれている現役機種達もいつかは撤去されていく運命。

ということはだ!

今、書いている現役機種のスロット稼働記事もいつかは機種の撤去と同時に需要はなくなり、ゴミ記事に化けてしまうのじゃないのか??

私のような怠惰なゴミクズブロガーでさえも、1つの稼働記事に時には2時間近くかかることもある。

でも、5流ブロガー程度ではその労力に見合う程のアクセスは稼げないし、更にお金にもならない。

だが、今はまだ僅かだが見てくれる方もいる。

しかし、この先その機種達が撤去されていけば、その僅かなアクセス数も更に減少、いや全くアクセスを稼げないゴミと化すのは目に見えている。

そうなれば、せっかく人生の大切な時間を割いてまで書いた記事は自分にとって財産とならないのである。

だからこそ!!

スロット稼働記事を書くことに抵抗感を感じるのも確か。

だけども!!

スロット稼働記事こそが1番アクセス数を稼いでいるのも、また真実なのである。

1つ1つのブログ記事は財産なのだよ

怠惰なブロガーである私でも、こうした記事を書くことに時間を費やしている。

だからこそ、1つ1つの記事を自分の財産として大切に残したい想いがある。

例えば、10年前に書いた古い記事があったとしても、今現在も誰かしらが検索から見に来てくれる、そういう記事を残していきたいのである。

いつまで経っても色あせない記事、ずっと生き続ける記事、これからも同じくアクセスを稼ぎ続けてくれる記事。

そういう自分の本当の財産となるべき記事を残していかないといけないと思っている。

例え、5年後も月間PV1万程度の弱小ブロガーであろうとも、昔書いた記事達が私を10年後には月間10万PVブロガーにしてくれるかもしれないのだから。

別にスロット関連の記事が悪い、稼働記事が悪いということではない。

稼働記事は必要だし、確実に需要もある。

だが、私の稼働記事が上位ブロガーの稼働記事に勝てる要素はないのである。

そう考えた時、いつかゴミになってしまうかもしれない現役機種の稼働記事を書くことから離れて、私なりに模索したスロット記事や別ジャンルの記事を書いて、自分なりの財産となるべき記事を残していきたいと思っているのである。

とはいえ、そうはいっても今後もスロット稼働記事は書く気ではある。

ただ、書く回数は減らす気でいるわけである。

最後に

こういう考えになった理由の1つに、ブログは財産と仰っていたクロロ店長の発言が背景にある。考えてみれば確かにブログ記事は1つの財産であり、更にそれが稼げるブロガーならば正しく本当に財産である。

稼げていない私でも、ブログを書くことに多かれ少なかれ時間を割いているわけであって、その時間を無駄にしたくはない。だからこそ、私も ブログ記事1つ1つを自分の財産だと思いながら今後はブログ記事を書いて行こうと思ったのである。

後は、正直な話しだが、他人のスロット稼働記事を見ても面白い方もいれば、なんで毎回似たような記事を書いているだけでのブログが上位に入るの?と思うぐらいのブログもある。

とはいえ、自分よりも遥に上位ブロガーであり尊敬はしているし、自分には真似できないし、そもそもランキングで大負けしている段階で負け犬の遠吠えだということは理解している。

でも、それでも正直に言うと、もはや読む気になれないのもイチ読者の意見である(だからブックマーク&Twitterフォローから消した)

そういうのを見て感じてきたのも、今回この記事を書いた背景の1つであり、自分自身がスロット稼働記事を書く意味があるだろうか?と思った理由にもなっているのである。

では、この辺で。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。