パチンコ屋でナンパは可能か?(パチンコ屋の日常)


諸君はナンパという行為をしたことがあるであろうか??

そして、それを成功させたことは果たしてあるであろうか??

私は若い時に3~5回ぐらいでしかないが、付き合いでナンパをしたことがある。というのはナンパ行為というのが自分自身が嫌いだから付き合い以外では一切したこともないし、今後もしないであろう。

ナンパから出会い、結婚、そして円満な夫婦生活を送っている方達も知っているので別にナンパということに嫌悪感はない。だが、自分自身ではナンパ=軽いというイメージがどうしても拭いきれないし、自身でナンパ=軽いと思ったまま恋愛に発展することには抵抗があるのだ。だから、ナンパはしない風にしている。

とはいえ、先程も言った通りに過去にナンパをした経験があるのも事実。

ま、全部失敗したからナンパ成功談は話せないんだけどねwww

そんなのは当然だよ、だって37歳彼女いない歴=年齢男なんだから。

じゃ、今回の本題に移ろうか??

パチンコ屋さんでナンパは可能か??

さて、ナンパと言えば俗にいうナンパスポットが今も存在するのかは知らないが、昔はそういうスポットが存在した。だが、得てしてそういうスポットにはナンパの達人やナンパ仙人、挙句の果てに喧嘩っ早い変な連中もいるのであまりオススメはしない。

では、パチンコ屋はどうであろうか??

そうだ、パチンコ屋というのは実は可愛らしい女性達が集まっているいわば「丘の上のオアシス」だ。

パチンコ屋の女性店員もいれば、一般客の女性でも若い女性もいるわけであって、更に言えば結構無防備な感じすら見える客も存在するように見える。ま、あくまでも無防備に見えるだけで真実は不明だ。

パチンコ屋の女性店員&一般女性客=軽いとはならない。だが、パチンコ屋でナンパというのはある意味では成功しやすい可能性も秘めている。というのは、やはり共通の話題が出来る場所だからだ。

それは、やはりパチンコ&スロットに関しての話題に他ならない。

お互いに共通の話題があるのならば、女性側の警戒も多少は薄れるかもしれないじゃないか!?

これが街でのナンパとなれば、そう簡単にはいかない。何故ならば、その女性達が何しに街へ繰り出しているのかも、何が趣味なのかすらも皆目見当がつかないわけであり、共通の話題等ないのだから。それだと、どうしても警戒心を解くことが難しくなるような気がする。

しかし、パチンコ屋ならば必然的に一般客女性の目的はパチンコ&スロットとなるので何かと一歩有利なのは間違いない(多分)

また、パチンコ屋の店員というのは男女問わずに意外とパチンコ&スロ好きが多い(ここ重要ですよ!マジでこれは本当)これは昔何度かパチンコ屋で働いてきた経験からその傾向が多いのは知っている。なので、女性店員においても彼女達の業務の邪魔にならない隙を狙い短時間ずつパチンコ&スロの話題をしていけば徐々に仲良くなれるチャンスがあるかもしれない。

更に一般客とは違い店員ならば常連として通うことで少しずつ仲良くなれる希望すらある。勿論、一般客でもその人が常連ならば偶然を装って何度も少しずつ仲良くなり警戒心をとくことで女性店員と同じように仲良くなる確率はUPするであろう。

そういう意味では、パチンコ屋さんでのナンパというのは可能だろう。

問題は声をかける勇気と空気を上手く読むこと

パチンコ屋さんで女性をナンパすることは可能だと思う。また、女性店員であっても徐々に水攻めのように地道に攻略をしていけば成功するかもしれない。

だが、私のようにモテない男にとっての最大のハードルは声をかけられるか否かではないであろうか??

どんなにお洒落をしてビジュアルを上げても、そのお目当ての女性に声をかけなければ一生何も始まらない。勿論、モテる男ならば逆ナンパの可能性もあるだろうが、私のようにブ男&中年&彼女いない歴=年齢男では例え1万年の時が流れようとも逆ナンパ等はありえないのである。

ならばこちらから勇気を出してアプローチする以外にはない!!

しかしだ!!

そんな簡単に声をかけられるならば苦労等はしないし「目の保養だぜ、ゲへへ」等と気持ち悪いオーラ大を出しながら見たりはしない。声をかけられないからこそ「み~てるだ~け~」となるのである。

そう言えば今日(6月10日)のことだが、とあるパチンコ屋さんに久々に3次元女性で胸がキュンとなるぐらいにドンピシャの好みの子を発見したんですよね。

その子は推定20代前半、髪はショートでスタイルは細身で脚も綺麗、ちょっとキツそうな眼差しがそそる感じの女性店員だったんですよね。私は現在は2次元好きなので3次元の女性を好きになることはないと思ってましたが、あの子ならば・・・好きになれるやもしれないと久々に思いました。

ですが、こんなブ男の37歳の中年オヤジが相手にされるわけないと思いますから、声をかけることはないでしょうね~。というか、たまに稼働する店舗ですし、自分が行く稼働店舗ではそういうナンパみたいなことはおろか、女性店員&コヒレにどんなに良い子がいても後々の事を考えたら声をかけることはしたくないんですよね。今後その店舗に行きにくくなること必死ですからね。


© 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会
読者様「バカヤロー!!そんな弱腰でどうすんじゃぁあああ!!男ならば年齢なんて気にしないで攻めろ!女性と付き合うことを諦めるな!!」


©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

諦めるのは簡単なんかじゃなかった。

戦おうって、どうにかしてやろうって、そう思う方がずっと楽だったよ。


©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

だけど、どうにもならないんだよッ!! 道がどこにもないんだッ!! 諦める道にしか続いてないんだッ!!

何とかできるんなら……俺だって、俺だって……


©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

赤い糸で結ばれてるはずの未来の俺の奥さん「諦めるのは簡単です。でも、ユウ君には似合わない!!」


©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

諦めた、諦めたよ……全部拾うなんて、どだい無理なことだった。

俺の掌は小さくて、全部こぼれおちて何も残らない。

俺はこの程度の男なんだッ!!

力なんてないのに、望みは高くて。知恵もないくせに、夢ばかり見てて。できることなんてないのに、無駄に足掻いて。

俺は……俺は、俺が大っ嫌いだよッ!!


© 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

赤い糸で結ばれてるはずの未来の俺の奥さん「ふ~ん、そう。じゃ一生素人童貞のままでいいんじゃないの?なんか、面倒くさくなってきたし、読者もきっとそう思ってるわよ?」


©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

大丈夫!!

俺も自分でそろそろ面倒くせぇえ~な~と思ってきたところだから。

まぁ、あれだ!

やはりパチンコ店でナンパなんて面倒くさいし、ナンパするだけ時間の無駄だし、どうせ本心は付き合いたいなんて思っちゃいないんだよね。だってさ、ヤレればそれでいいわけだし、どうせ皆もそれが目的でしょ??

そりゃ、口じゃ「好きなんだ!!!俺は世界で1番君を愛しているんだ!!」なんて綺麗事を言うだろうし、確かにその一時的にはそう思ってるかもしれないけどさ、最終的にヤッた後の賢者タイム中には「アレ?俺、本当にこの子のこと好きなのかな??」なんて心変わりするのは目に見えてるからね。

それならば、プロのお姉さんに頼んだ方が遥に時間効率良いよね??

えっ!?

それは違う??

いやいやいや、時代は3次元の女性よりも2次元の女性ですよ!!

というわけで、私の頭が狂っていることも証明できたようなので今回はこの辺で。おっと、最後に以下の応援バナーをポチしてくれよな!!

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。