運だけでパチンコ年間100万円以上儲けた友人の驚愕の真実とは!?「アンビリバボーなスロパチ真実のお話」

Pocket

どうも、元スロット破綻者ユウです。

今回は私の友人のお話しです。
実はこの友人、もう何年も前にパチンコを引退しています。

ですが、引退する少し前のとある1年間でパチンコだけで年間最低100万以上勝ってしまったアンビリバボーな友人です。

更にオートレースでも払い戻し金50万円以上&それ以外にも高額払い出しを何回も当てたことでオートレースでもその年の年間収支を完全プラスに持っていくことで、ついにはギャンブルで儲けた金を頭金に新車を購入した過去を持つ友人です。

 

その新車は当時では300万円~400万円程したフォルクスワーゲンのビートル。

上記画像のビートルとは年式が違うと思いますが、上記と同じモデルのニュービートルですね。今では中古価格30万程で購入可能ですが、当時は新車で人気もあり多くの若い女性も乗ってた車種です。

確か友人は300万~350万ぐらいだと言っていた記憶がありますが、この新車の頭金約100万~150万円をパチンコで稼いだお金だけで”一括支払い”して残りはローンにして購入したアンビリバボーな社会人です。

そんな彼は・・・・

いわゆる養分と呼ばれる何の勝つ知識もない釘すらも見ない打ち手でした。

 

ですが、ある年の彼は運だけで年間収支100万円以上プラスにしてしまったのです。しかし、その運だけで勝ったと思われた裏側には彼が起こしたとあるアンビリバボーな立ち回りがあったのです。

これは、そんな彼のお話しです。
—-スポンサーリンク—–



中学からの親友で4号機時代からのスロ仲間


応援ポチ宜しく!!
彼とは中学からの付き合いで、いわゆる親友というヤツです。

4号機時代、私も彼もスロットに散財する日々を送っていましたが、両者がトータルで勝つことはありませんでした。そんな中、私はいつしか借金を抱えるようになってまでスロットにのめり込んでいました。

しかし、彼は借金をすることは一切なく給料の範囲内で遊ぶことのできる人でした(これが普通なんですけどね)

 

そして、4号機終盤には彼はいつしかスロットからパチンコへと鞍替えしていきます。

その時の彼曰く「スロットよりも今はパチンコの方が面白い」とのことでした。

それから年月が流れていきますが、彼は「暇潰し」という理由で会社の休日には朝から夕方ぐらいまでパチンコ屋へと通っていました。当然、勝つ月はあっても負ける月の方が多く、トータルでは負けていたようです。

彼は具体的な収支はつけてません。

ですが、口座の貯蓄額から流入等は毎月しっかり把握する人であり、また金の管理も徹底している人なので大体どれぐらいギャンブルでお金を使い幾らぐらい負けたのか等は大体把握出来ていたのです。

 

ある日を境に彼は勝ち続けます


何!?まだ押してないだと?じゃ、押そう!
毎回同じパチンコ屋をマイホとして通っていた友人はお小遣いの範囲内でパチンコを楽しんでいました。

本当の理由は「暇潰し」

 

トータルで負けているというのは本人も自覚していましたが、大きくアホみたいに負けてもいませんでした。

そんな時です。

彼は突然とパチンコで勝てるようになっていきます。

勿論、釘読みも出来ないしボーダー等も知りませんし、技術介入も出来ません。というか、そんな言葉すら知りません。

 

しかし、彼は毎月のようにパチンコで勝ち続けたのです。

 

平日は仕事なので土日だけしか彼は通いませんが、
それでも勝ち続けます。

 

その額・・・

 

なんと!?

 

年間、最低100万円以上です!!

 

当然、彼が嘘をついていたことはありません。また、貯蓄額も大幅に増えていたのも事実です。

では、どうして何の技術もない知識もない彼が年間を通して最低100万円以上も勝ち続けれたのか??

 

そこには”驚くべき”ある事実”が隠されていたのです。

続く・・・


ラストチャンスだ!押すのです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。