「夜逃げの感想とは??」住み込みのパチンコ屋を僅か1ヵ月で夜逃げした理由を改めて考えてみた


どうも、元スロット破綻者ユウです。

 

過去記事でも書いたのですが、私は以前に東京のとあるパチンコ屋にて住み込みで働いていました。

 

ですが、僅か一ヵ月程で夜逃げしました。

 

その時の記事は以下です(リライトを少しだけしてます)

 

パチンコ屋の住み込みで働いていて、夜逃げした話し(前編)

パチンコ屋の住み込みで働いていて、夜逃げした話し(中編)

パチンコ屋の住み込みで働いていて、夜逃げした話し(後編①)

パチンコ屋の住み込みで働いていて、夜逃げした話し(完結編)夜逃げは成功するのか?

 

あの時、私は借金漬けという状態にも関わらず、何故どうして新天地となる東京で早々に夜逃げしてしまったのか??

その経緯や理由は上記記事に記載されていますが、今回改めて自分なりにもう1度考えてみようと思いました。

 

夜逃げ好きな方と、パチンコ屋住み込みに興味がある方、私のブログに興味がある方は是非ともお付き合い下さいね!

 

住み込みのパチンコ屋で働いていて夜逃げした理由とは??

—-スポンサーリンク—–




1番の理由はやはり周りとの人間関係が辛かったのでしょう。

 

自分はあの当時、確か20後半です。ですが、周りの従業員(役職以外の話し)はみんな若いんです。あまり記憶にないですが、ほぼみんなが20前半だったと思います。

まだ自分も20代後半で若いのだから、もっと積極的に話しをかけて仲良くなるということも可能だったのかもしれませんが、当時既にコミュ症の私にはこのハードルが凄く高かったのです。

 

特にキツイのは食事休憩でした。

 

1階がホールで2階に寮と食堂があるのですが、そこでは毎日賄い料理が出るんです。


画像元:まかない食べるよ様より引用

賄い料理自体は美味しくてボリュームもあるのですが、実は私にとって”ここが最大の問題”なんですよね。

食事休憩は4人ぐらいの人数でローテーションで行くのですが、当然ながら食事する時は若い子達と共に食事をするわけです。一応、TVもついてますが、なんともこの食事中の空気が良くない。

 

というか、他の子達との会話についていけない・・・

逆にこちらから話しを振っても全然続かない。

 

いつしか、自分から話しを振ることを諦めてTVと食べることに集中するようになりました。

しかし、それでもやはり苦痛な時間帯であることに変わりありません。

 

私が夜逃げした最大の理由はこの「賄い料理を食べる食事休憩」といっても過言ではありません。

 

ご飯さえまともに食べられない国の人達から見ればなんて贅沢な悩みなんでしょうね。

しかし、それでも私には耐えられなかったのも事実。

 

そして、2つめの理由。

 

それは共に働いていた友人が結婚する決意をしたことで実家に帰ることになったことも1つのポイントです。

それまでは友人に相談したり、友人を通して他の古株社員とも話を多少しており、彼の助力はとても大きかったんです。しかし、彼がいなくなることはある程度想定していたことです。ただ、それが予想以上に早かっただけの話しです。

彼がいる間は彼が自分を完全サポートしてくれていたので、もっと自分もなんとか自力で頑張って職場の人間関係を良く出来れば違っていたのかもしれません。しかし、彼のサポートに甘えて自分から努力はしなかった。

 

その結果、彼がいなくなった途端にまるで無人島にいるような気分になりました。

 

同じ職場で働く友人が辞めたことで、私にとって心の支えをなくしたことは大きな影響だったのだと思います。

仕事に関しては忙しいながらも元々パチンコ屋店員の歴も2年以上経験あるので、仕事自体は特に問題なかったと思います。ただ、辞める直前のゴールデンウイーク期間はありえないぐらいに忙しくてキツかった記憶があります。

 

「流石は東京だ!!」

「こんなに人がくるのか!?」

 

なんて考えていたような記憶があります。

 

女性店員はどうだった??

確か、2人の女性がいた記憶があります。

もっと、いたかも??

覚えているのは役職と付き合っているであろう足綺麗な年下の女の子。

もう一人は確かまだ当時19歳ぐらいで実は子持ちという話し(友人曰く)ながらも、私好みの女性で何度かオ〇ズにしたこともあるようなないような。ただ、当時の私は世界1番の片思い?をしていたので手を出すことはありませんでした。というよりも、仮に手をだしても相手にはされなかったでしょう。

 

共通するのは二人とも、

 

とにかく、

 

脚が綺麗だったことです!!

 

 

女性店員については、

以上!!

 

改めて夜逃げについてどう思うか?

にほんブログ村 スロットブログへ
1日1回応援ポチを!

 

その後、人生初の夜逃げをした私ですが、

改めて夜逃げについてどう思うのか??

 

夜逃げは・・・

 

 

 

 

ハラハラドキドキするぞ!!

 

です。

夜逃げって言っても所詮は住み込みのパチンコ屋から何も言わず(置手紙で辞めます・申し訳ありませんなどの謝罪はする)に逃げ出した程度です。でも、当時は一応はその店の正社員なんです。

更にその店にとって信用のあった古株店員の友人から紹介をしてもらい雇って頂いた身です。

 

それなのにその恩義を「夜逃げ」という仇で返した私はとても最低でしょう。

 

されど!

 

夜逃げする瞬間は本当に、

 

ハラハラドキドキするのです!!

 

だって、デカいバックと大きなキャリーバックを抱えて部屋から誰にも悟られずに1階へと降りて静かに外へと出ないといけないんです。もしも、その間に誰かに大荷物を持っている自分の姿を見られたら一発で夜逃げがバレます。

 

当然、夜逃げは不成功に終わります。

 

その後は大恥を味わい罵倒されての説教&クビでしょう。

だから、夜逃げをするにはある意味リスクがあるのでそれなりの覚悟も必要なのです。

 

どうですか??

皆さんも、一度は夜逃げをしてみては??

きっと、そこは普段ではありえない世界が見えることでしょう!!

 

今回の話しで登場した私が夜逃げをすることになるパチンコ屋は今も実在します。もしも、その店の名前が知りたい方はTwitterのフォローをして頂ければDMにてお伝えします。また、既にフォローして頂いている方も同様にDMでお伝えします。

Twitterの垢はこちら→37歳彼女いない歴=年齢男ユウ

または、ブログ記事1番上にあるTwitterボタンからも可能です。

 

では、ここまでお読み頂きまして誠にありがとうございます。


サラリーマン番長苦手な方はポチぞよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。