パチスロ専業(スロプロ・パチプロ)引退について考えてる人達へ贈る言葉


先日、スロパチ依存賞 ギャンブル×心理学のあっきー様が専業を引退するというビックリ仰天するニュースが飛び込んできました。今回は専業引退について考えている人へ向けて&専業引退について自分なりに思ったことを書こうと思いましてこの記事を執筆しました。ちょっと、支離滅裂な部分もありますが、ありのままの気持ちを書いてみました。

 

と、その前にあっきーさんの記事のご紹介をさせて下さい。

 

Σ(゚Д゚)な記事はこちらですが、専業関係なく見て損はない記事だと思います➡【ご報告】勢いで専業を引退しちゃった


©スロパチ依存賞

 

上記の記事は見ましたか??

 

良かったですよね!

 

ということで、上記記事をみて私も何か書きたいと思ったので今回書くことにしました。

 

 

本題の前に今日も応援ポチをお願いします!!

にほんブログ村

ありがとうございます!!

 

—-スポンサーリンク—–



パチスロ専業は自由であり自由ではない

専業になると分かるのですが、スロ専業やパチプロと呼ばれる人達って自由であって自由ではないと思ってます。というか、少なくとも私の場合には自由であり自由ではありませんでした。

 

私の場合には、借金を返済する&お金を稼いで人生をやり直す目的の下で専業になりましたので、最初の頃はとにかくがむしゃらに稼働をしてきました。

 

その後、借金完済した後は物販業をする為にお金を稼ぎました。で、物販業を開始してからも専業並みにスロ稼働を続けて同時に物販業を恐る恐るやるようになりました。

 

暗黒の借金人生からは抜け出して、それなりの順調な人生に軌道修正できたかと思うようになりました。そう思えるようになった時に思ったのが「もうスロ専業は辞めたい」でした。

 

当初、嫌でもスロ稼働してお金を稼がないといけないという思いが強くて、そんな「辞めたい」なんて考える余裕はなかったですし、逆にお金をスロで稼げることに喜びを感じていたぐらいです。その後、スロで稼ぐ為に期待値稼働を毎日繰り返すことで借金もなくなり落ち着いてくるとジワジワと「打ちたくない」「早く別のことを中心的にしたい」「スロット打ちたくない」という気持ちが強くなってきました。

 

端からみたら自由奔放で好きなスロットを打っているだけで何故に「スロ専業を辞めたい」と思うのか不思議かもしれません。

 

ですが、私にとってはスロ専業というのは「自由のようであり自由じゃない」わけであり、もはや仕事をしているような気分にさえなってくるわけです。そして、同時に「自分は期待値を求めて動くだけの人間の形をしたロボットじゃないのか?」なんて馬鹿な考えをしたことも数知れずでした。

 

「スロが好きなようであって好きではない」という考えもありました。

 

好きでやっている仕事(稼働)じゃないから、稼働する日は出掛けるまでが憂鬱(出掛けちゃえば平気)なのですが、これって私が企業に勤めていた時と同じような感覚なんです。

 

「ああ、今から仕事かぁ・・・嫌だなぁ」

 

流石に会社に行くほどまでの憂鬱感ではありませんが、それに近い憂鬱感がいつしか芽生えるようになりました。休んだって誰にも文句を言われない稼業ですが、それでも自分自身の”何か”「今日も行け!」と背中を推します。

 

その”何か”期待値依存であり、同時に日雇い労働と同じく休めばお金を稼げないことから発生する未来への不安感でした。

 

また、本当に好きなことをしていない事実と、仕事としてスロットに向き合っている自分、企業に勤めていた頃よりも長時間働く自分を見て「自由であって自由じゃない」よなって思いました。

 

 

これが1つの自由であって自由ではない理由。

 

 

専業や自営というのは体が資本ですから、体が壊れれば途端に収入を得られなくなります。その不安は常につきまといますが、その道を選択したのも自分自身である以上は誰にも文句は言えません。

 

専業をしていれば自由を得られるということはなく、常に何かしらの鎖に縛られて日々を過ごしているので、端からみるほど自由そうであって自由ではないというのが私なりに思ったことです。勿論、社会から見れば甘ちゃんであることは理解しております。

 

ただ、それでも専業というものは嫌々な思いで会社に働きに行く方達よりは、遥かに自由という気分を味わえることは確かです。

 

本当の自由なんて得られる人は本当にいるのだろうか?? と、思うぐらいに自由を得ることは難しいし、人によってもそのレベル差があると思っています。

 

 

—-スポンサーリンク—–



スロット専業者から兼業にシフトチェンジすると気分が楽になる

 

私自身、数か月前からスロット専業は引退したつもりでいます。

 

とはいえ、完全な引退ではありません。あくまでも今までのようにずっと専業並みに稼働することを辞めて、兼業としてやっていこうとしたわけです。だから、稼働自体は平日なら夕方頃からするし、土日祝日はフル稼働もします。今月に至っては一時的にスロ専業者に戻って稼働を高めてもいます。

 

ですが、今後も兼業というスタイルで上手くスロットと付き合っていくつもりですし、将来的にはもっとスロット稼働を減少させて他のやりたい事に力と時間を注いでいくつもりです。

 

専業から兼業になって思ったことは、専業時代よりも「スロットを打つことが少しは楽しくなった」でした。

 

専業時代、スロットなんて嫌々打つということが多かったのですが、兼業としてスロットに向き合った時に自然とそう思ってしまったんですよね。そう考えると、心の奥底では今でも本当はスロット好きなのかなぁ? と、思わされました。

 

もう1つ。

 

専業として稼働していた時よりも兼業として稼働する時の方が気持ち的に楽になったんですよね。なんというか、張り詰めていたものがとれたかのように気楽な気分で稼働できる日も多くなりました。

 

期待値稼働において、スロットでの1日単位の勝ち負けなんて気にすることはないのは昔から分かっていますが、どうしても大きく負けたりするとストレスを抱えてしまうのが私というメンヘラ人間なのです。期待値を追いかけて1日に9万円以上負けたこともありますが、そんな時には「俺は一体何をしているのだろうか?」と思っていたぐらいですから。

 

最終的には収支がプラスになるのが分かっていても、1日単位での勝ち負けにストレスを抱えることが専業時代に嫌だったのですが、これが不思議と兼業だとそこまで気にすることはなくなったんですよね。とはいえ、大きく負けるとやはり多少はストレスを抱えますけど・・・でも、専業時代よりは抱えるストレス量が少ないということです。

 

また、稼働する時間や日数が減ったことで、専業時代に嫌々見ていた沢山の同業者達を見る回数も減ったので、そういう部分でも気持ちが楽になったと思っています。

 

専業時代は、この同じ同業者を「毎日見るのが嫌&同じ地域で毎日稼働したくない」という思いと、物販の仕入れ等の理由から稼働範囲が片道最大50キロまで伸ばしていたくらいです(今も片道50キロ圏内は同じだが)

 

それぐらいに同じ地域で毎日同じ同業を見ること自体が私にとってストレスでした。

 

兼業としての現在では、それが軽くなったかなと思えます。

 

また、兼業という立ち位置ですと、他に収入源(私で言えば物販)があるので無理に打たなくてもいいという安心感もあります。これが専業時代だと「何が何でも打って期待値を稼がないとヤバい!」というある意味で強迫観念がありましたので、それも1つの大きなストレスであり専業が嫌だという1つの理由でもありました。

 

何よりも心に余裕が出来たというのがあり、それが専業時代にはない大きな1つのプラス要素だと思いました。

 



専業引退を怖がる必要はない


にほんブログ村

多くの専業者さんは引退した後のことを考えると不安があるかと思います。

 

特に私のような37歳の中年になると、もはや働ける職場なんて人が嫌がるような不人気の職場ばかりです。特に何のスキルもないような堕落した人生をずっと送ってきた私は尚更です。というか、どこかで働かしてもらえるだけマシってもんです。職選びなんて贅沢をいえる人間ではありませんし、そういう年齢でもありません。

 

専業を引退して「これからどうしよう」と思っている方もいれば、専業は何かの目標の為の通過点に過ぎないと思って行動をしている方もいるでしょう。

 

私の場合、スロット専業になった段階で「この後の人生は企業に勤めないで自分自身で稼いで生きていく」と決めていました(警察官は除く)

 

というか、年齢的にも精神的にも「自分はどこに行っても長く仕事を続けられるような人間ではなく社会不適合者だ」と思ってますので自力でなんとかするしかないと分かっていたわけです(警察官だけはなれていたら一生できたかも?)

 

そこでまず始めたのが「物販」です。

 

そして、まだ本決まりではありませんが、とある車屋の社長から提携ビジネス(こちらの自由で動ける)のお話も頂いており、今後はそちらの業界にも手を出すやもしれませんし、何か別の事業をするかもしれません。

 

会社組織でお金を稼ぐことは自分には無理なので、仮にスロットでの収入源を失ったり自ら辞めても、スロット同様に自分自身の力でお金を稼いで生活をしていくつもりです。いえ、つもりというか、それしか道はないと思っています。

 

ま、夢は無謀すぎるクリエイターですがwww

 

専業引退という道をされた方で飲食店を経営している方もいるし、会社を作り法人化した方もいますし、ブログで稼いでいる方もいますし、やりたかった仕事が出来る会社に就職できた方もいます。

 

でも、きっと専業を引退して社会に戻っても上手くいかずに再び専業に出戻りしてしまう方もいることでしょう。それ自体は悪いことではないと思ってます。勿論、本来ならば引退したなら戻ってこない方がその人の為でしょう。

 

でも、もう一度、専業に戻ってしまったとしても、専業をやりながらまた別のことにチャレンジしたりその為の準備をすればいいのです。

 

他人からどんなことを言われたって関係ありません。専業に戻ったことをバカにされようが、専業をしていてバカにされようが関係ありません。

 

「じゃ、お前はなんかあった時に俺を助けてくれるのか??」

 

口だけの文句やバカにするだけしか能がない人は世の中に沢山いますが、そんな人達はほっとけばいいのです。

 

ただ、いつまでも惰性で専業をやり続けるのは良い事ではありません。

 

専業を引退して社会で例え失敗して再び専業に出戻ってしまってもチャレンジを続けることは大切です。そういう考えと行動力が大事なのです。

 

何も考えず、ただ毎日専業として生きていくことだけはオススメしません(スロプロやパチプロとして食っていくと決めた方は別)

 

いつか専業を辞めようと思っていて、でも具体的に何がしたいのか分からないという方は、今すぐに考えてみて下さい。考えるというのは小さなことかもしれませんが、最初の第一歩でありとても大切な一歩なのですから・・・・

 

今後を怖がらずに小さくも大切な第一歩を踏み出して下さい。



具体的にオススメなこと

では、もしもアナタが専業を引退しようと考え始めた時、きっと「次になにをしていいのか分からない」と思う方が多いでしょう。中には専業はやりたい事への通過点に過ぎないという方もいて引退後は明確なビジョンがある方もいますが、ここでは前者の立ち位置で話を進めます。

 

「引退しても何をしていいのか分からない」

 

個人的なオススメは、専業引退する前に色々な場所へいって見聞を広めて視野を広く持つようにすることです。日本は小さな島国ですが、それでも全国は広いものです。アナタの探す答えになるヒントが見つかる可能性は高いと勝手ながらに思います。また、読書をしたり、何か趣味を持つこともオススメです。

 

大したことじゃないことをすることが、実は大したことであるかもしれないのです。

 

こんな私が言うのでは説得力はありませんけど、色々と見聞を広めることで今後のビジョンがうっすら見えてくると思います。また、何よりも心が洗われていく気分転換にもなりますし、正に一石二鳥ってやつです(^^♪

 

また、専業をやりつつ派遣登録して月に1~2回程度でも色々な現場に働きに出てみてもいいかもしれません。色々な会社の現場で実際に働くことで”今後やりたい事と絶対やりたくない事”の両方が見つかるかもしれませんね。

 

結局何が言いたいのかといえば”専業時代から何か他の事にも手を出していくこと、つまりダブルワークのようなこと”をオススメしたいのです。ダブルワークとは書きましたが、別に働くことではなくて「専業をやりながらも何かを始めてみませんか??」ということを言いたいのです。

 

私でいえば、それが物販であり小説でありブログでした。

 

恐る恐る始めた物販では専業の傍らで徐々に仕事量を増やして売り上げも月数万程度から数十万以上という感じに増えていき今に至ります。最初は仕入れ費用等のお金をスロで稼いで少しずつ購入しました。

 

仮に失敗してもスロの収入がある安心感もあり、諦めずに何度も失敗を繰り返して今に至りますが、今考えれば同時にやり始めたことは良かったと思っています。

 

ブログと小説においてはほとんど収益化にはなってませんが、ブログを書くことは小説家への夢へにも繋がる勉強だと思いながら書き続けている部分と未来の収益化の為と、単純に好きだからということで、難しいながらもやり始めたことに後悔はありませんし、やって良かったと思っています。

 

そして、スロットに関しては兼業スタイルとして毎月立派な収入源の1つにもなってくれています。

 

まだ完全引退には程遠い私ですが、それなりに今を生きています(努力は足りていないw)

 

もしも、今後において専業引退することを既に考えている方、いつかそうなると思っている方達にとってこの記事が少しでもアナタ様のお役に立つのならば大変嬉しく思います。

 

ここまでお読みになって頂いた全ての皆様に感謝を!!

ポチしてドキドキする!?

2 件のコメント

  • おつかれさまです!
    紹介と熱い記事ありがとうございます。

    自由にも種類があるんだな~と、この記事を読んでそう思いました。
    時間的、経済的、精神的、が主要なところでしょうか。

    専業の場合は、時間的にも経済的にもそこそこ自由ではありますが、やはり精神的な自由は損なわれがちなのかな、と感じます。
    これは専業に限ったことではなく、収入が一つに依存しているという不安感がそうさせているのかもしれませんね。
    そう考えると、ユウさんのおっしゃる通り、兼業スロッターは良いですよね。

    いきなり一歩目を踏み出すのは容易ではないので、少しずつ積み重ねていく事の重要性は、僕自身も今回で実感しました。
    つまるところ、ブログをやっててよかったですw
    今年くらいに合同オフ会しましょうね!ニート生活を満喫し終えたら連絡しますw

    • お疲れ様です!

      そうですね、精神的自由が損なわれがちなのがデメリットですよね。

      専業だからこそ、収入1つというのも不安がありますしね。

      本当にブログはやる価値ありますよね(まだ全然収益化にななってないけどw)

      積み重ねていくことは地道かもしれませんが、凄く大切なことですよね。

      合同オフ会・・・私の名前を入れてオフ会すると逆に人が来ないような・・・気がw

      開催する際には「スロパチ依存賞あっきーオフ会開催!(それに同席させて頂く前座ブロガーあり)」ぐらいでお願いしますね(私個人オフ会だと参加者0人ですからw)

      いえいえ、いつでもご連絡お待ち申し上げておりますよ。今まで酷使していた精神やお身体を時間をかけてリフレッシュして下さい!!

      オススメはやはり温泉です(日帰りならかなり安上がりで済みます)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。