パチスロで無理ゲー過ぎるクソ台を個人的にディスるw

Pocket

期待値稼働をすること、それはすなわち嫌いな機種でさえも期待値がプラスならば打つしかないのである。

 

だが、時には本気で打ちたくない機種という台が存在するのである。

 

演出がツマラナイのは当然であるが、そもそも「この台はどうすれば勝てるの??」というあまりに無理ゲー過ぎる機種というのが存在する。収支表を見返してみても、まるでいいところ等はなく、果たして本当に期待値プラスなのか疑う程に勝てない機種が存在する。

 

今回は個人的に無理ゲー過ぎるクソ機種をディスってやろうぜ!

 

―――という、なんともお粗末な記事である。

 

—-スポンサーリンク—–



想定科学パチスロSTEINS;GATE ~廻転世界のインダクタンス


©オーイズミ

結構有名なアニメの版権です。

 

私も見たいと思っている作品でしたが、その前にスロットのシュタゲをプレイしてしまったが為に未だにアニメを見ていません。それほどに、この機種を打ったことは変なトラウマになっているのでしょう。

 

通常時のリプレイで液晶上部にあるラボメンをコンプすればCZ「IBN5100探索モード」に突入する仕組み。

天井はCZ「IBN5100探索モード(期待度25%)」20回目のIBNで天井であるボーナス当選となります。

CZ「IBN5100探索モード」は12G/24G/36G継続の自力CZであり期待度25%であり、上位CZ「オペレーションウルド」に至っては同じく自力CZで期待度50%。

天井G数は平均1750Gです。

IBN20回で1750Gなので1回あたりの確率は約1/87.5のもよう。

ボーナス搭載でAT機(2.2枚)。

 

気が付けばホールから撤去されていた機種であるが、この機種の最高に嫌いなところは男が「ららららラボメン」かな?みたいなことを言う点である。あの男の声が凄くバカにされているような気になるのである。

 

そして、自力CZが無理ゲー過ぎることである。

 

また、CZまでも中々いけなかった記憶がある。そして、天井の深さもあいまってどうにもならない感しかなかった。確か、約1400Gぐらいをボーダーにして打っていた記憶があるが、全く勝てた記憶がないので、多分勝率0%だったと思う。というか、ATにぶち込んだ記憶がないのは気のせいであろうか・・・

 

とはいえ、打つ機会は少なかった。

 

ということで、この機種は無理!!

 

—-スポンサーリンク—–



ひぐらしのなく頃に絆

ディライトからA+ARTタイプとして登場した機種。

リセット時には天井短縮恩恵ということもあり、それなりに打ってきた台ではあるのだが・・・

 

とにかく通常時のCZで成功した記憶がないぐらいに何故か毎回スカして天井へ連行されてしまうのが個人的なイメージである。唯一の救いはボーナスでは天井がリセットされない点であり、なんとか天井到達までに1回はボーナスを引いて投資額を押さえるという目標で打っていた記憶がある。

 

やっとの思いで天井からART「デイブレイクラッシュ」にぶち込んだかと思えば、主人公キャラ達がマラソンをしているだけで駆け抜けて100枚以内で終わるというのがデフォルトであり、正に打ち手自身に惨劇が起きるという珍台である。

 

たまに惨劇を回避して「イケるのか!?」と思っても安心は出来ない。回避率75%でも惨劇回避ならずということもあるからだ。

 

ART中は惨劇回避率を上昇させる為に「%」をあげていくシステムではあるのだが、確実に惨劇回避となる100%を貯めるのは容易ではない。いや、一度や二度ならばヒキ次第ではなんとかなるのだが、100%貯めたぐらいでは次セット時には0%スタートとなるが為に再び惨劇回避をするために100%を目指す必要がある(30%程度でも惨劇回避する場合もある)のだが、これを貯めていくのが無料ゲー過ぎると毎回思う。時には300%溜まっていることも稀にあるが、それは本当に稀であると思う。

 

上乗せ時に、

 

 

 

 

「上乗せ2%」

 

なんて振り分けが存在している時点で無理ゲーだろ!?

 

と、思うのは私だけであろうか??

 

とにかくこの機種で出玉を増やすのは過酷な道であると個人的に思う。

 

登場からだいぶ経過するのだが、ようやく今年になって初の1000枚に到達した時には感無量だった。そして、もう二度と1000枚を超えることはないだろうなと思った。

 

—-スポンサーリンク—–



パチスロ エウレカセブンAO(エウレカセブンASTRAL OCEAN

初代はやったことはないのだが、2作目のエウレカセブン2の方は個人的に好きな機種であった。

 

だが、前作とは異なり、今回のAOに関してはあまりに無理ゲーと思わされることが多かった。いや、無理ゲーと思う前には既にART「アストラルオーシャン」が終わっており、約50枚程の出玉を毎回茫然と見つめてハッと我に返って「滅びろ、クソ台!」と暴言を吐いてから離籍しているクソな自分がいるのである。

 

ART「アストラルオーシャン(AO)」突入時は、

最初に特化ゾーン「クォーツアクティベートチャンス」からスタートするのだが・・・消化中はベルやクォーツリプレイを引き続ける限り継続し、継続するほど上乗せG数がアップしていくシステムである。

 

これが毎回のようにリプレイを引いて最低ゲーム数スタートばかりなのだ。

 

そうなると、もはやご愁傷様であり、クレジットが50枚になったぐらいでART終了となるわけである。

 

天井は900G、ARTではリセットされない仕様なので800G、850Gなんてお宝台を拾えることも意外とある。だが、そのゲーム数から拾っても余裕で負けられるのがこの機種なのである。

 

そして、天井を目指してる最中にレギュラーボーナスを引けば、ほぼ「負け確定」である。

 

 

 

獲得枚数36枚

 

 

何かのMBですか?? と言いたくなる程の雀の涙以下の枚数だが、ちゃんとしたレギュラーボーナスの枚数である。

 

しかしながら、この機種は一撃性が強いが為に大体の出玉が雀の涙以下というのは仕方ないのかもしれない。時には一撃5000枚以上なんて出玉を見る時もあるのだが、毎回のように「どうしたらあれだけの出玉が出るのだろうか??」と不思議に思うぐらいである。

 

嗚呼、前作のエウレカセブン2が懐かしい


DAXEL機種

個人的に昔からDAXELの機種は大の苦手である。

 

その中でも最も苦手なのが、「探偵歌劇ミルキィホームズ 消えた7と奇跡の歌」かもしれないし、「ウイッチクラフトワークス」かもしれない。

 

ま、どちらにせよ苦手機種であることは確か。

 

いや、苦手というか無理ゲーだと毎回のように思う。

 

何が無理ゲーなのか・・・勝てないから無理ゲーだという理不尽な愚痴を言わせて頂きたい!!

 

この機種、天井は12周期でゲーム数で約960Gなのだが、毎回のように・・・というかほぼ毎回天井でしか当たらないのは気のせいであろうか??

 

稀に天国で当たることもあるといえばあるが、個人的には天国か天井一直線ばかりなイメージである。コイン持ちがいいから仕方ないといえば仕方ないのかもしれないのだが、それでもあまりにも天井ばかりじゃないのか??

 

まるで、新鬼武者再臨のようなデータ履歴だ(あくまでも個人的なイメージ)

 

ようやく当てた「ミルキィボーナス」では何も出来ずに終了というパターンがデフォルトであるのだが・・・調べて仰天!!

 

なんと、設定1でもミルキィボーナスからのART「ミルキィタイム」当選率は30%あるのだ。

 

 

 

本当か!?

 

と、疑うぐらいに突入率が低く感じてしまうのはきっと苦手機種、無理ゲーと思っているが故であろう。

 

そんな無理ゲーの道を突破してART「ミルキィタイム」に突入させてからもまた無理ゲーだから困りものである。ART開始時は「とろとろどんどんゲーム」で初期G数を告知するシステムなのだが、この時に「とろとろとろとろ~ん」と流れる音声で頭が狂いそうになるのは私だけであろうか??

 

というか、あの音声は一種のトラウマになっているぐらいだ。

 

夢の中であの音声が聞こえてこようものならば、間違いなく悪夢を見ること必死なのである。

 

ART中には「つぼつぼチャンス」という、
G数が0になった時点で獲得アイコンが無い場合に突入するのだが、ツボからアイコンを獲得出来ればART継続する仕組みだ。

 

これが・・・無理ゲーである。

 

ということで、ようやくARTにぶち込んだと思えば一瞬で終わってしまう。

 

そんな無理ゲーだと個人的に思う。

 

いや、そもそもDA〇ELの機種自体が全て・・・・無理ゲーである。



無理ゲーパチスロでごめんなさい

無理ゲー機種ばかりで「ごめんなさい」と謝罪に来て欲しい(誰が?)と思っている今日この頃です。

 

今回ご紹介した機種は無理ゲー機種の一部に過ぎないのだが、これも個人的な感想でしかないので「逆に私はその機種得意!」と思う方もいることかと思う。それに無理ゲー機種でも好きな方もいるかと思うので、そんな方達には無理ゲーのクソ台とディスってしまい申し訳ない。

 

世の中には理不尽ともとれるような無理ゲー仕様のパチスロ機が山ほど存在するが、今後も無理ゲー機種をなんとか攻略してやろうと一意奮闘( 心を一つのことに集中し、奮い立って戦うこと。また、力いっぱい努力すること。)しようと思う。

 

では、今回はここまでとなります。

 

ここまでお読み頂きまして、誠にありがとうございます!! 最後に応援ポチをどうぞよろしくなのです!!


無理ゲー機種被害者の会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ユウ

初めまして、当ブログ管理人のユウと申します。 過去スロットで数百万円の借金を抱えたことのある元スロット破滅者ですが、その後スロットで借金を完済、現在は事業とスロ専に近い兼業で人生再生中です。 このブログでは過去の破滅的体験を活かした記事やスロ稼働記事を公開中です。