引きこもり対策のヒントは〇〇である


元引きこもり無職ニートのユウです。

 

今回はスロットの記事ではありませんので、上記のように名乗らせて頂きました。

 

さて、前回お伝えした引きこもりに関してのこちらの記事「引きこもり&ニートの最大の敵は〇〇である」引きこもりの家族を持つ家族必見!の続編という形でお送り致します。

 

ここでは長く話すことじゃないので、結構ザックリと簡単にお話させて頂きますね。

 

—-スポンサーリンク—–



子供が引きこもってしまった場合の対策は〇〇せよ!


© 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

ご家族にしたら急にある日を境に子供が引きこもってしまったら焦りますよね??

 

理由を聞こうにも子供は何も話してくれない・・・そんなどうしていいのか全く分からない状況の中で思うことがあります。あくまでも私個人的な経験からですけど、あえて何も聞かない期間というのをあえて与えてやってはどうでしょうか??

 

何故、子供が引きこもってしまっているのか分からない状態であれこれ自分の正義をぶつけることはナンセンスです。

 

相手からみればアナタ様は見当ハズレなことを、正しい風な感じで言っている可能性も十分に高いのです。そして、もしも見当ハズレなことで色々と相手に強く言うことは相手からみればこう思ってしまいます。

 

「何も分かってない。俺(私)のことなんて何も分かっちゃいないんだよ! お前らに相談なんて出来るかよ!!」

 

と、あくまでも個人的な経験ですけど、こんな風に逆に敵になってしまう可能性すらありえます。

 

じゃ、いきなり引きこもってしまったらどうすればいいのか??

 

 

いつも通りにすることです。

 

 

何日も引きこもっているようならば、ある程度は想像つきますよね??

 

会社を退職した可能性、悩みを抱えている可能性、何もかも嫌になっている可能性・・・等。

 

だからあえて、そこはいつも通りに接するんです。

 

「お前、仕事はどうした!! まさか・・・辞めたのか!!」

 

なんて言う必要はありません。

 

ここでは、あえて20歳を超えた社会人である引きこもりを対象に話を進めていますが、もう相手は立派な大人なのです。そんなことは相手自身に任せて会社に関しては何も言わないでいいのです。

 

それよりも、いつも通りに振る舞うこと、相手が「なんで、俺(私)の家族は引きこもっていることに何も言ってこないのだろう??」と思うぐらいに放置していた方がいいです。

 

別にいいじゃないですか??

 

長い人生においての数か月、1年ぐらい引きこもってしまっても・・・

 

これが正解とは言いません。

 

でも、最初の数か月ぐらいは何も言わずに本人の好き勝手に引きこもりをさせとけばいいのです。本人は今後の将来のことは心配するご家族以上に考えています。

 

そこをあえて突っつくような真似だけは最初にするべきじゃありません。

 

引きこもってしまった序盤の対策に関しては、いつも通り何も変わらずの日常を本人に与えてあげること、そしてご家族も気にしないように普通に接することが重要なポイントの1つだと私は思います。

 

—-スポンサーリンク—–



1年引きこもってしまい現状どうにもならない

引きこもって1年が経過しても本人が引きこもりから抜け出す気配が一切見えない、もしかしたらこのままずっと引きこもっているんじゃないのか??

 

多くのご家族の方がこう思うようになるかと思います。

 

確かに1年も経過したにも関わらず、本人が引きこもったままだと不安になりますよね。ですが、これも思うのですが、何十年という人生においての僅か1年程度です。

 

1年ってあっという間ですよ。

 

学生時代には長く感じた記憶がありますが、高校卒業したらホントに1年って早いものだと感じますし、周りでも皆口に揃えて言う言葉の1つです。特に年がら年中引きこもっている人にとっては1年って凄く早く感じると思うのです(もちろん、人によります)

 

何もやっていなく、部屋でネットやゲーム、TV・漫画等をみたり、寝たりしてゴロゴロして過ごしているだけの引きこもりの方でも1日って意外と早いものなんです。

 

少なくとも、私自身は1日1日がとても早く感じました。1年って時間にしたら8760時間ですが、意外とあっという間の8760時間だと思うのですよね。寝てる時間もありますから、実際に起きてる時間というのは6000時間ぐらいでしょうか??

 

いいじゃないですか、まだまだ先を見据えて本人以上にご家族の方は焦らずしっかりした気持ちで向き合いましょう!

 

本人以上にご家族の方が気にしすぎるようになれば、それは本人の精神状態にも確実に影響が及びます。

 

これだけは絶対に避けないといけません。

 

 

引きこもりって自由にみえて、実はとても重い鎖に縛られているもので自由じゃないんですよね。

 

何かをしたい、何かしないといけない・・・1年も引きこもっていれば、日常的にそう考えている人が多いと思います。でも、この鎖が邪魔をして動けずにいるわけです。

 

何故、そんな鎖に縛られているのか分かっている人もいるでしょうし、まだ分からない人もいることでしょう。

 

 

私の場合、この鎖の正体は「借金」でした。

 

 

借金を完済するためには行動をしないといけない!!

 

でも、どうにもならない。

 

働こうにも働ける自信がないし、働いてお金を稼いで返済していくにも完済までの道のりが見えてこない・・・等の理由が大きな鎖となって私自身を縛っていたわけです。勿論、借金以外の理由もありますが、ここでは割愛させて下さい。

 

 

”ちょっとしたほんの些細な原因”

 

 

誰もが「え!? そんなことで引きこもっているの??」と思うような理由で引きこもってしまう方もいます。でも、こういう辛さって他人も家族でさえも本当に分からないんですよね。本人にしか分からない苦しみ・悩み・理由があるわけであって、それはいわゆる重い病気と等しいとご家族は理解してあげるべきなんですよね。

 

 

その為に必要なのは、心の療養です。

 

1年引きこもってしまっても、まだ焦らずにじっくり本人と少しずつ向き合うこと、今後について話し合えるタイミングを見計らって少しずつ話していくこと、タイミングは難しいと思いますけど、そうしていくことが大切だと思います。

 

ただ、もうどうにもならない状況というのもあることかと思います。

 

 

その際には、私のような引きこもりコンサルに相談したり、知人・友人に相談して知恵を頂くか、専門的な機関(例えばフリースクール等)に依頼することも視野に入れるべきです。

 

ここで言わせて頂くと、私はギャンブル依存症・無職・引きこもりニートに対しての支援コンサルティング活動を始めましたが、これはあくまでも専門分野として活動しているわけではありません。

 

言うならば、素人に毛が生えたような存在。元々同じ経験を持っている者が同じ経験で現在苦しんでいる方達に対してアドバイスをするぐらいしか出来ないわけです。

 

専門的な知識はありませんし、それを覚えていこうとも思いません。何故ならば、既にそういう専門分野に強い人やフリースクールが存在するからです。付け焼刃で覚えた程度では、逆に間違った対策支援をしてご家族・ご本人様に悪影響を及ぼす可能性すらあります。それだけは避けなくてはいけません。

 

しかし、専門的な知識がなくとも私には経験があります。

 

 

それこそが、ご家族・ご本人様にアドバイスできる私の持つ唯一無二の武器なのです。

 

 

多くの方々を支援できる程の能力は私にはハナからありません。ですが、私にしか出来ない支援は確実にあると自負致します。

FREEDOMというコンサルティング活動というのは、私自身のメイン事業(物販)の中の一部分での事業です。

 

これをメイン化しない理由には、上記で説明した「専門的な業者じゃないこと、ちゃんとした専門機関が他にあること、私に専門的な知識がない&あえて覚える必要もないこと、でも元経験者だからこその目線で私にしか出来ない支援活動ができることだからやる!」というわけです。

 

あえてこの分野で成功しようという思いはありません。

 

ただ、自分に出来ることをやって1人でも多くの方の支援に繋がればいいというスタンスなのです。

 

ええ、半分は私の過去の罪滅ぼしという名のエゴです。

 

ですが、やるからには真摯に向き合い全力で対応させて頂く所存でございます。

 

 

その想いだけは負けません!!

 

 

と、なんだか後半は宣伝になってしまいましたが、この記事で何かを感じ取って頂けたのならば幸いでございます。

 

以上でございます。

 

お帰りはこちらです

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

ギャンブル依存症から数百万円の借金をサラ金からした挙句の果てに元多重債務者になり、元無職引きこもりニートだった私が「無職引きこもりニートから脱出して今や借金完済して更には現在個人事業主として独立まで出来た経験と無職引きこもりニートに対する具体的な対応策」コンサル&講演演説を全国規模で承ります。

 

詳細記事はこちら➡是非ご覧ください

 

ギャンブル依存症・パチプロ&スロプロ引退したい方・無職・引きこもり・ニートのご家族や知人・友人のことでお悩みを抱えていらっしゃる方は、まずは無料相談メールからご相談下さい(原則24時間以内にはご返事を致します)

お話をお聞きした上で、実際のコンサル内容をお伝えします。

また、実際に講演演説して欲しいとのご希望にも全国対応致しますので、同様にまずはメール相談をお願いします。

 

お問い合わせ先はこちら↓

opisawin959g@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。