「ファンキージャグラー高設定」 高設定を後ヅモする根拠と理由

Pocket

午後からファンキージャグラー高設定の後ヅモ稼働

 

どうも、元スロット破綻者ユウです。

今回は、ファンキージャグラーの高設定を後ヅモしてきたので、その実践結果を書いていこうかと思います。

—-スポンサーリンク—–



平均設定確率を遥かに上回るジャグラーで後ヅモする理由

某ホールを歩いていたら、こんな台に遭遇した、とある日の出来事である。

 

ファンキージャグラー B番台

BB:12(1/256)
RB:16(1/192)

3083G

 

例えば、このホールの過去でファンキージャグラーの高設定濃厚履歴がない店ならば、この台は誤爆と予想する。しかし、この店においては過去に何度も高設定を投入している店であった。とはいえ、イベント的なイベントをしない店(現在は)なので、高設定投入の癖もなく、ふとした日の平常日に入れてくるようなお店であり、朝から狙うのは困難。その為、当然だが、設定狙いするようなプロは存在しない店である。

 

私は過去、何度かこの店において、ハナハナやジャグラーの後ヅモをして結果を残してきた。

 

普段の店のジャグラー平均設定は正に極悪の1~1.5と思って間違いないという店である。その為、上か下かは比較的に分かりやすいといえる。もちろん、下の設定でも上側のようなデータになることもある。だが、上側を使っていれば上側のデータになる確率は当たり前だが高くなり、下側は逆に上側のデータ確率にはなりにくいのだ。

 

では、今回の上記のファンキージャグラーにおいてはどうか??

 

3083GでREGは16回、確率にして1/192で設定6以上の数値だ。

 

他の台はといえば、ほぼ全台が設定1以下の悪い確率の台ばかりというこの店の平均設定と同じ状況だ。では、その中で上記の設定6以上の数値のジャグラーも設定1なのか?と問われれば、過去に上側を使ってない店なら設定1濃厚となるだろう。だが、過去に上側を使っている店ならば、それも平常日ばかりに使う店ならば高設定の可能性は十分にありえるわけである。

 

たまたま、これも設定1の誤爆でこうなってるなんて決めつけで簡単に言う人も多いが、それは店の状況と過去の情報を加味しているだろうか?

 

また、この店が中間も使う店ならば危険は生じるが、この店においては下か上かという投入傾向があることを過去の経験から得ている。

 

ファンキージャグラーの設定1のREG確率というのは、ゴーゴージャグラー等とは異なり、設定1は重い確率なのだ。

 

◆REG確率

設定 REG
1 1/452.0
2 1/407.1
3 1/372.4
4 1/336.1
5 1/302.0
6 1/275.4

 

ここまでの差(単独REGなら相当な差がある)があり、そして過去の根拠、店の平均設定を考慮すれば、今、目の前にあるファンキージャグラーを設定1の誤爆と見過ごすのは勿体ないことになる。ただ、過去の実践からもこの店では設定6よりも設定5の方が投入傾向が多い。というか、設定6の場合があまりに少なすぎるので、今回のファンキージャグラーも数値的には6以上でも実際は5の可能性が高いというのは事前に予想していた。

 

設定5の機械割は、実に105,82%(チェリー狙い)と決して高い数値ではない。

 

だが、土日でもない平日のこの時間からハイエナをするよりは当日の期待値は稼げる可能性が高く、またAタイプだけに安定感もある。そして、何よりもあのファンキーの魔性の光を見たいという気持ちもあって台を確保することに。

いよいよ実践である。

—-スポンサーリンク—–



挙動は悪くないが

打ち始めG数は忘れたが、

 

投資6000円、396Gにぺカ。

 

これが、単独BIGであり、ここから・・・

 

 

208G REG 単独

 

20G  BIG チェリー重複

 

72G  REG 単独

 

94G  BIG 単独

 

37G  BIG 単独

 

97G  BIG 単独

 

と、イイ感じに伸びるファンキー。

 

が、ここからは・・・

 

 

18G  REG 単独

 

82G  REG 単独

 

55G  REG チェリー重複

 

97G  REG 単独

 

172G REG 単独

 

185G REG チェリー重複

 

71G  REG チェリー重複

 

 

と、REG7連チャンとREGの嵐に。

 

 

87G  BIG チェリー重複

 

と、ここでようやくBIGを引くも、BIG間では合計765Gとまずまずの嵌りに遭遇してしまう。

 

 

281G REG 単独

 

67G  BIG チェリー重複

 

 

次のBIGもBIG間300G以上と少々重くなり、次はもっと早くと願っていれば・・・・

 

遂にぺカることなく、

 

 

出玉は消滅w

 

 

そう、全飲まれである。

 

非等価であるが、時間的にはまだ追い銭は可能なので追加投資へ。

 

追加投資3000円で、

 

 

525G BIG 単独

 

 

ようやくぺカる。

 

願うは、嵌ったのならば、そろそろジャグ連が欲しいところだが・・・

 

 

30G  BIG 単独又はレアチェリー

 

84G  BIG 単独

 

88G  BIG 単独

 

131G REG 単独

 

34G  BIG 単独

 

39G  BIG チェリー重複

 

11G  BIG 単独

 

89G  REG チェリー重複

 

340G BIG チェリー重複

 

208G BIG 単独

 

119G REG 単独

 

5G   BIG 単独

 

314G BIG 単独

 

139G ヤメ

 

 

と、少し回したところで、時刻は22時に。

 

この日は、この後に予定があったことからも、ここでヤメ。

 

最終結果は以下の通りであった。

 

ファンキージャグラーの高設定の後ヅモに成功

BB30(1/236)

RB29(1/244)

合算1/120

7088G

投資:423枚(47枚)

回収:1473枚

差枚+1050枚

 

展開的には、1度は全飲まれはして、そこから追加投資をすることにはなったが、総投資9000円と少ない投資でこの結果に結びついたことは良かったと思う。また、予想通りに設定1の誤爆ではなく、上側の推定5だったことであることにも満足の結果である。

 

ジャグラーの後ヅモ狙いは確かに難しい。

 

だが、経験と店情報(イベント以外の平常日)をある程度把握しておくことで、ジャグラーの後ヅモを狙える店というのは確かに存在するし、難しいながらもやる価値はあると個人的に思う。

 

兼業であり、また朝から強いイベントに参加しないような私のような存在には、ハイエナの傍らでこのようなたま打てるレベルの台を見つた時に、それを見逃さないようにしたいと思っているし、実際にその場合には後ヅモ成功する割合は高い。

 

これは、

データから見える店の平均値を見ているだけの人が見落としがちな部分かもしれない。

 

例えば、プロならば今回の実践店の情報をデータ取りしている人は皆無だろうし、それだけの価値もないのだろうし、データだけでは分からない部分がこの店にはあるわけです。しかし、実際に店に通っている側からしたら、狙えるチャンスは少ないけども、実際に何度も上側のジャグやハナハナの後ヅモに成功している結果があるわけです。

 

3流スロッターだからこそ、後ヅモできる店というのは存在すると思うし、その情報というのは設定狙い専門ではない私のようなハイエナ稼働者には、後ヅモは収支+αに繋がる立ち回りなのではと思いますし、サラリーマン向けでもあるかと思います。

 

では、この辺で。

現地コンサルティングでアナタ様にスロットの勝ち方を教えに行きます!!

元専業で現在兼業としてスロットで毎年プラス収支を叩き出しているノウハウ、思考を全て伝授致します。

パチスロでの勝ち方を直接現地で教えます

 

応援&お帰りはこちらからお願いします!!
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。