パチスロがなかったらホームレス


あなたは「ホームレス」になるかもしれないと思ったことはありますか??

—-スポンサーリンク—–



働くことが出来ない

もしも、この世にスロットがなければ私は今頃・・・・ホームレスかもしれない。

 

そう思うことが何度もあります。

 

いえ、もしもこの世にスロットが存在していなければ私は本当に今頃は都内でホームレス生活をしていたかもしれません。

 

何故、そう思うのかといえば、私は超がつく程の社会不適合者。幾つもの会社に雇われては一か月、一週間、いえ、1日、早ければ半日で即退社を繰り返してきました。どこの会社組織でも「ここの会社ならずっと働ける!」と思ったことは一度もありません。

 

だからといって、私は仕事が出来ないわけでも、めちゃくちゃ仕事嫌いというわけでもありません。

 

逆に仕事はある程度は出来るタイプです・・・・しかしながら「働くことができない」わけです。

 

若い時代から、いつかは長くいられる会社又は自分で会社を起こさないと、私はホームレスになるかも??

 

そんな想いは少なからずありました。

 

そして、今現在・・・

 

たまたまスロットに助けられたおかげで私はホームレースにならずにすんでいます。たまたま、スロットで稼げる道にいけた、たまたまそこから「せどり」という仕事を見つけた、たまたま賃貸住宅に住めた、たまたま少しの貯金を作れた、そんなたまたま運良く生活をしている、いえ・・・完全にスロットがあったからこその今の生活というのが本音です。

 

ありえないと思うかもしれませんが・・・・

—-スポンサーリンク—–



パチスロやってなかったらホームレス

パチスロをやってなかったら、私は今頃・・・本当にホームレスだった気がしてなりません。

 

勿論、過去においてスロットで借金をしたこともありますが、結果的に今を見てみたら「借金を抱えてスロットにハマり、勝ちたいが為に打ち続けた結果、多少なりとも勝てる方法を得られたこと、身につけられたことは大きく価値があった」と思っています。

 

私が普通にサラリーマンをしていれば恐らくはきっと稼げて年収100万ちょい(直ぐに辞めたりするから)

 

そんな金額では生活は厳しいし、そもそも完全な自立すら出来なかったでしょう。

 

それと比較すればスロットではそれを上回る金額を毎年稼いでこれたので、心に余裕を持ちながら完全自立した生活ができているので、これは正にスロットのおかげといえますよね。

 

社会不適合者な私にとって、スロットは私のような社会不適合者が生きる為に必要な1つの大切なツールであることは確かなのです。それを否定する気はないし、それを否定したらきっとダメなんだとも思います。また、負の感情ではなく、プラスの感情としてそれをしっかり受け入れることも大切なような気がします。

 

ただ、スロットを基盤にした生き方というのは正直したいと思いませんし、それほどの熱意もなく、技術もありません。正直、こんな下手くそな私がいつ稼げなくなるのか不安もある中、それでもスロットに頼った生活をしています。

 

可能ならばスロットに頼らない生き方(今でいえばせどり)にもっと熱意を持って取り組むべきなのです・・・スロットで稼ぎ始めた時のように。

 

そうでなくては、私自身の今の安定した完全自立した生活もどこまで続けられるのか分かりません。

 

と、言っても帰る実家はもはやないに等しいので、お金を稼げることができなくなれば私は本当にホームレスへとなってしまうでしょう。

 

それだけは絶対に避けたいからこそ、もっと自分自身に喝をいれて自分なりに生きていける道というのを探さないといけないのかもしれませんし、今やっているせどりやコンサルを死ぬ気で頑張らないといけないのかもしれません。

 

スロットで稼ぎ方を覚えた時、私は多重債務者でした。

 

だから、借金を完済する為に必死に稼働をした。

 

今度は、ホームレスにならないですむように、ホームレスになるのが怖いからこそ、再びどん底に落ちるのが嫌だからこそ、もっと人より必死に生きるべきなのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。